ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

構文

  • A | B
  • or(A,B)

説明

A | B は、AB などのすべての入力配列の論理 OR を演算し、論理値 1 (true) または論理値 0 (false) に設定された要素をもつ配列を返します。A または B のいずれかが非ゼロの要素をもつ場合、出力配列の同じ位置の要素が論理値 1 (true) に設定されます。そうでない場合、配列要素は 0 に設定されます。

or(A,B)A | B の代替方法として実行できますが、まれにしか使われません。そのため、クラスに演算子をオーバーロードできます。

すべて折りたたむ

2 つの行列の論理 OR を求めます。結果には、いずれかの行列に非ゼロ値が含まれる位置に論理値 1 (true) が含まれます。結果のゼロは、両方の配列の値がゼロである位置を示します。

A = [5 7 0; 0 2 9; 5 0 0]
A =

     5     7     0
     0     2     9
     5     0     0

B = [6 6 0; 1 3 5; -1 0 0]
B =

     6     6     0
     1     3     5
    -1     0     0

A | B
ans =

     1     1     0
     1     1     1
     1     0     0

or の真理値表を作成します。

A = [true false; true false]
A =

     1     0
     1     0

B = [true true; false false]
B =

     1     1
     0     0

C = A|B
C =

     1     1
     1     0

入力引数

すべて折りたたむ

左オペランド。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として指定します。入力 AB は、いずれかがスカラー値でない限り、同じサイズでなければなりません。スカラー値は他の配列と同じサイズになるように拡張されます。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical

右オペランド。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として指定します。入力 AB は、いずれかがスカラー値でない限り、同じサイズでなければなりません。スカラー値は他の配列と同じサイズになるように拡張されます。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

  • 複数の論理演算を連結できます (例: A & B | C)。

  • 記号 ||| は、異なる演算を MATLAB® アプリケーションで実行します。このドキュメントに記述されている要素単位の OR 演算子は、| です。ショートサーキット OR 演算子は、|| です。詳細については、Logical Operators: Short Circuit を参照してください。

参考

| | | | |

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?