ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

optimget

最適化 options 値

構文

val = optimget(options,'param')
val = optimget(options,'param',default)

説明

val = optimget(options,'param') は、最適化 options 構造体 options で指定したパラメーターの値を返します。なお、パラメーター名の先頭の数文字を入力するだけで、パラメーターを特定できます。パラメーター名の大文字と小文字は区別されません。

val = optimget(options,'param',default) は、指定されたパラメーターが最適化 options 構造体 options で定義されていない場合、defaultを返します。この形式の関数は主に他の最適化関数で使用されるので注意してください。

次のステートメントは、my_options という名前の構造体の最適化 options パラメーター Display の値を返します。

val = optimget(my_options,'Display')

このステートメントは、Display パラメーターが定義されていない場合を除いて、構造体 my_options の最適化 options パラメーター Display の値を返します。設定されていない場合は、'final' を返します。

optnew = optimget(my_options,'Display','final');
この情報は役に立ちましたか?