ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

opengl

OpenGL レンダリングの制御

autoselectneverselectadvisequietverbose および DriverBugWorkaround の入力は R2014b で削除されました。以前のリリースでのこれらの構文の動作についての詳細は、R2014a の opengl を参照してください。

構文

  • opengl info
  • d = opengl('data')
  • opengl software
  • opengl hardware
  • opengl('save','software')
  • opengl('save','hardware')

説明

opengl info は、使用しているシステムの OpenGL® ライブラリについて、バージョン、ベンダー、サポートされているグラフィックス機能などの情報を表示します。将来のリリースでは、グラフィックス機能の変更に応じて返されるフィールドが変更される可能性があります。このコマンドを使用すると、OpenGL ライブラリが読み込まれます。

d = opengl('data')opengl info と同じデータを返しますが、データは構造体に格納されます。

opengl software は、MATLAB® に組み込まれているソフトウェア バージョンの OpenGL を使用して、以降のグラフィックスをレンダリングします。このコマンドは Windows® システムでのみ機能します。Linux® システムでソフトウェアの OpenGL を使用するには、-softwareopengl フラグを設定して MATLAB を起動します。Macintosh システムは、ソフトウェアの OpenGL をサポートしていません。

opengl hardware はオペレーティング システム上の OpenGL のバージョンを使用して、以降のグラフィックスをレンダリングします。ハードウェア アクセラレータ版の OpenGL をサポートするグラフィックス ハードウェアを備えている場合にこのオプションを使用します。このコマンドは Windows システムでのみ機能します。Linux システムでハードウェアの OpenGL を使用するには、-nosoftwareopengl フラグを設定して MATLAB を起動します。

opengl('save','software') は、このコンピューター上の将来の MATLAB セッションでソフトウェアの OpenGL を使用するように設定します。このコマンドは現在のセッションには影響しません。

opengl('save','hardware') はオペレーティング システム上の OpenGL のバージョンを使用します。このコマンドは現在のセッションには影響しません。

OpenGL に関する情報の表示

使用しているシステムの OpenGL ライブラリについて、ベンダー、バージョン、サポートされている MATLAB グラフィックス機能などの情報を表示します。また、MATLAB が OpenGL のハードウェア アクセラレータ版の実装を使用しているか、ソフトウェア実装を使用しているかを表示します。

opengl info
                          Version: '2.1 Mesa 7.2'
                           Vendor: 'Brian Paul'
                         Renderer: 'Mesa X11'
                   MaxTextureSize: 2048
                           Visual: 'Visual 0x6b, (RGBA 32 bits (8 8 8 8), ...'
                         Software: 'true'
        SupportsGraphicsSmoothing: 0
    SupportsDepthPeelTransparency: 1
       SupportsAlignVertexCenters: 0
                       Extensions: {114x1 cell}
               MaxFrameBufferSize: 4096

現在のセッションでソフトウェアの OpenGL を使用する

現在のセッションでソフトウェアの OpenGL を使用してグラフィックスをレンダリングするように切り替えます。

opengl software

将来のセッションでソフトウェアの OpenGL を使用する

今後のすべてのセッションで MATLAB がソフトウェアの OpenGL を使用してグラフィックスをレンダリングするように設定します。このコマンドは現在のセッションには影響しません。

opengl(save,'software')

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

  • 既定では、グラフィックス ハードウェアがハードウェア アクセラレータ版の OpenGL をサポートしている場合、MATLAB はグラフィックス ハードウェアを使用します。このようなグラフィックス ハードウェアが利用できない場合、あるいはバーチャル マシン、Linux VNC または既知の問題をもつグラフィックス ドライバーを使用している場合、MATLAB は代わりにソフトウェアの OpenGL を使用します。グラフィックス レンダラーについての詳細は、Figure の Renderer プロパティを参照してください。

  • 最高のグラフィックス表示を得るには、グラフィックス ハードウェア ベンダーから入手可能な最新バージョンに、グラフィックス ドライバーをアップグレードしてください。詳細は、「グラフィックスのシステム要件」を参照してください。

この情報は役に立ちましたか?