ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

openfig

新規コピーを開く、または保存された Figure の既存のコピーを表示

構文

openfig('filename.fig')
openfig('filename.fig','new')
openfig('filename.fig','reuse')
openfig('filename.fig','new','invisible')
openfig('filename.fig','reuse','invisible')
openfig('filename.fig','new','visible')
openfig('filename.fig','reuse','visible')
figure_handle = openfig(...)

説明

openfig('filename.fig')openfig('filename.fig','new') は、FIG ファイル filename.fig に含まれる Figure を開き、画面上で可視化し、配置します。MATLAB® パス上に Figure がある限り、絶対パスを FIG ファイルに指定する必要はありません。拡張子 .fig は、オプションです。

openfig('filename.fig','reuse') は、Figure のコピーが開いてない場合にのみ、FIG ファイルに含まれる Figure を開きます。そうでない場合、関数 openfig は既存のコピーを画面上で前面に表示します。

openfig('filename.fig','new','invisible') または openfig('filename.fig','reuse','invisible') は、前の構文のように Figure を開きますが、非表示にします。

openfig('filename.fig','new','visible') または openfig('filename.fig','reuse','visible') は、Figure を開き、表示します。

figure_handle = openfig(...) は、Figure のハンドルを返します。

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

.fig ファイルを読み込むために openfig を使用します。openfig には次の特徴があります。

  • 画面上に確実に Figure を表示するので、異なる画面サイズや解像度についての互換性が得られます。

  • Figure の 1 つ以上のインスタンスを MATLAB で表示するかどうかをいつでも制御できます。Figure にグラフィカル ユーザー インターフェイスが含まれている場合は、reuse オプションが役に立ちます。

  • 作成された Figure のハンドルを返します。これは、通常グラフィカル ユーザー インターフェイスの Figure については非表示になります。

.fig ファイルが非表示の Figure を含んでいる場合、関数 openfig はそのハンドルを返し、非表示のままにします。呼び出し側で、必要に応じて Figure を表示できます。

GUIDE で作成した GUI を開くときは、関数 openfig を使用したり、.fig ファイルをダブルクリックしたりしないでください。GUI コード ファイルを開くには、コマンド ウィンドウでファイル名を入力するか、または現在のフォルダー ブラウザーでファイル名を右クリックして [実行] を選択します。たとえば guifile.m という名前の GUIDE GUI を開くには、非表示状態では次のようにコマンドで Visible プロパティを指定します。

guifile('Visible','off')
その後適切なときに、コードによって Figure を表示できます。

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?