ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

構文

  • n = numel(A)

説明

n = numel(A) は、配列 A の要素数 n を返します。これは prod(size(A)) と等価です。

すべて折りたたむ

4 x 4 x 2 の行列を作成します。

A = magic(4);
A(:,:,2) = A'
A(:,:,1) =

    16     2     3    13
     5    11    10     8
     9     7     6    12
     4    14    15     1


A(:,:,2) =

    16     5     9     4
     2    11     7    14
     3    10     6    15
    13     8    12     1

numel はこの行列の 32 個の要素をカウントします。

n = numel(A)
n =

    32

文字列のセル配列を作成します。

A = {'dog','cat','fish','horse'};

numel は配列内の 4 個の文字列要素をカウントします。

n = numel(A)
n =

     4

5 人の患者情報を示す 4 つの変数を含むテーブルを作成します。

LastName = {'Smith';'Johnson';'Williams';'Jones';'Brown'};
Age = [38;43;38;40;49];
Height = [71;69;64;67;64];
Weight = [176;163;131;133;119];
BloodPressure = [124 93; 109 77; 125 83; 117 75; 122 80];

A = table(Age,Height,Weight,BloodPressure,'RowNames',LastName)
A = 

                Age    Height    Weight    BloodPressure
                ___    ______    ______    _____________

    Smith       38     71        176       124     93   
    Johnson     43     69        163       109     77   
    Williams    38     64        131       125     83   
    Jones       40     67        133       117     75   
    Brown       49     64        119       122     80   

テーブル内の要素数を求めます。

n = numel(A)
n =

    20

numel は、5 行と 4 つの変数に対応する prod(size(A)) と等しい値を返します。

入力引数

すべて折りたたむ

入力配列。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として指定します。これには、数値配列、論理配列、文字配列、カテゴリカル配列、datetime 配列、duration 配列、calendarDuration 配列、テーブル、構造体配列、セル配列、オブジェクト配列が含まれます。

制限

  • A がテーブルの場合、numel はテーブル A 内の要素数を返します。これは、prod(size(A)) と等価です。テーブル内の変数には複数の列が含まれることがありますが、numel(A) は行数と変数の数のみを考慮します。

参考

| |

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?