ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

num2str

数字を文字列に変換

構文

  • str = num2str(A)
  • str = num2str(A,precision)
  • str = num2str(A,formatSpec)

説明

str = num2str(A) は、配列 A を文字列表現 str に変換します。出力形式は元の値の大きさによって異なり、場合によっては指数を含むことがあります。num2str は数値を使用してプロット図にラベルやタイトルを付ける場合に役立ちます。

str = num2str(A,precision) は、precision で指定した最大桁数の文字列表現を返します。

str = num2str(A,formatSpec) は、formatSpec で指定した形式を A の全要素に適用します。

すべて折りたたむ

浮動小数点値の既定の変換

pi および eps をテキスト文字列に変換します。

str = num2str(pi)
str =

3.1416

str = num2str(eps)
str =

2.2204e-16

精度の指定

浮動小数点値の有効桁数を指定します。

A = gallery('normaldata',[2,2],0);
precision = 3;
str = num2str(A,precision)
str =

-0.433     0.125
 -1.67     0.288

書式の指定

浮動小数点値の配列の、幅、精度、その他の書式設定を指定します。

A = gallery('uniformdata',[2,3],0) * 9999;
formatSpec = '%10.5e\n';
str = num2str(A,formatSpec)
str =

9.50034e+03
6.06782e+03
8.91210e+03
2.31115e+03
4.85934e+03
7.62021e+03

形式 '%10.5e' は各値を小数点以下 5 桁の指数形式で表示し、'\n' は改行文字を表示します。

入力引数

すべて折りたたむ

A — 入力配列スカラー | ベクトル | 行列 | 多次元配列

スカラー、ベクトル、配列または実数か複素数の多次元配列として指定される、入力配列。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical

precision — 数値精度正の整数

正の整数として指定される、出力文字列の数値精度。これは出力文字列の最大桁数となります。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

formatSpec — 出力フィールドの形式文字列

文字列として指定される、出力フィールドの形式。

この文字列の中にはパーセント記号に続けて変換文字を含めることができます。次の表に、使用可能な変換文字とサブタイプを示します。

値のタイプ変換詳細

整数、符号付き

%d または %i

基数 10

整数、符号なし

%u

基数 10

%o

基数 8 (8 進法)

%x

基数 16 (16 進法)、小文字 af

%X

%x と同じ、大文字 AF

浮動小数点数

%f

固定小数点表記

%e

3.141593e+00 のような指数表現

%E

%e と同じだが、3.141593E+00 のように大文字

%g

後続ゼロなしで %e または %f をコンパクトにしたもの

%G

後続ゼロなしで %E または %f をコンパクトにしたもの

%bx または %bX
%bo
%bu

16 進数、8 進数または 10 進数の倍精度値
例: %bxpi400921fb54442d18 と出力します

%tx または %tX
%to
%tu

16 進数、8 進数または 10 進数の単精度値
例: %txpi40490fdb と出力します

文字

%c

単一の文字

%s

文字列

文字列には、次の順序で表示されるオプションの演算子を含めることができます (分かりやすくするためにスペースを挿入しています)。

オプション演算子:

  • 識別子

    入力を処理する順序。構文 n$ を使用します。n は入力リストの値の位置を表します。

    たとえば、'%3$s %2$s %1$s %2$s' は入力 'A''B''C'C B A B のように出力します。

  • フラグ

    '–'

    左寄せ。例: %-5.2f

    '+'

    正の値には符号文字 (+) を出力します。例: %+5.2f

    ' '

    値の前にスペースを入れてフィールド幅をパディングします。例: % 5.2f

    '0'

    フィールド幅をゼロでパディングします。例: %05.2f

    '#'

    選択した数値変換を次のように変更します。

    • %o%x、または %X の場合は、接頭辞 00x、または 0X を表示します。

    • %f%e、または %E の場合は、精度が 0 であっても小数点を表示します。

    • %g または %G の場合は、後続のゼロまたは小数点を削除しないでください。

    例: %#5.0f

  • フィールド幅

    出力する最小文字数。数字、または入力リスト内の引数を参照するアスタリスク (*)。たとえば、入力リスト ('%12d', intmax)('%*d', 12, intmax) と同じです。

  • 精度

    %f%e、または %E の場合:

    小数点以下の桁数。
    例: '%6.4f'pi'3.1416' と出力します。

    %g または %G

    有効桁数。
    例: '%6.4g'pi' 3.142' と出力します。

    数字、または入力リスト内の引数を参照するアスタリスク (*)。たとえば、入力リスト ('%6.4f', pi)('%*.*f', 6, 4, pi) と同じです。

文字列には、次の組み合わせも含めることができます。

  • 印刷するリテラル テキスト。単一引用符を印刷するには、formatSpec'' を含めます。

  • 次のような制御文字。

    %%

    パーセント文字

    \\

    バックスラッシュ

    \a

    アラーム

    \b

    バックスペース

    \f

    フォーム フィード

    \n

    改行

    \r

    キャリッジ リターン

    \t

    水平タブ

    \v

    垂直タブ

    \xN

    ASCII コードが 16 進数 N である文字

    \N

    ASCII コードが 8 進数 N である文字

変換には以下の制限があります。

  • 数値変換は複素数の実数部のみを出力します。

  • 数値の文字列変換など、データを近似しない変換を指定すると、MATLAB® は指定した変換を上書きし、%e を使用します。

  • 整数値に文字列変換 (%s) を適用する場合、MATLAB は有効な文字コードに対応する値を文字に変換します。たとえば、'%s' は、[65 66 67]ABC に変換します。

出力引数

すべて折りたたむ

str — 入力配列の文字列表現文字配列

入力配列 A の文字列表現。文字配列を返します。

詳細

すべて折りたたむ

アルゴリズム

num2str は、formatSpec に空白文字フラグが含まれていたとしても、文字列から先頭の空白を取り除きます。たとえば、num2str(42.67,'% 10.2f') は、1 行 5 列の文字配列 '42.67' を返します。

この情報は役に立ちましたか?