ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

nthroot

実数の n 乗根

構文

y = nthroot(X, n)

説明

y = nthroot(X, n) は、X の要素の実数の n 乗根を返します。Xn は両方とも実数で、n はスカラーでなければなりません。X が負の要素をもつ場合、n は奇数の整数でなければなりません。

nthroot(-2, 3)

-2 の 3 乗根を返します。

ans =

   -1.2599

結果を比較します。

(-2)^(1/3)

-2 の複素数の 3 乗根を返します。

ans =

   0.6300 + 1.0911i

参考

|

この情報は役に立ちましたか?