ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

not, ~

構文

~A
not(A)

説明

~A は、入力配列 A の論理 NOT を演算し、論理値 1 (true) または論理値 0 (false) のいずれかに設定された要素をもつ配列を返します。入力配列がゼロ値の要素をもつ場合、出力配列の同じ場所の要素が、1 に設定されます。そうでない場合は、0 に設定されます。

入力表現は、配列またはスカラー値になります。入力が配列の場合、出力は同じ次元の配列になります。入力がスカラーの場合、出力はスカラーになります。

not(A) は、A がオブジェクトの場合、構文 ~A に呼び出されます。

行列 A が以下の場合を考えます。

     0    29     0    36     0
    23    34    35     0    39
     0    24    31    27     0
     0    29     0     0    34

このとき、以下のようになります。

~A
ans =
     1     0     1     0     1
     0     0     0     1     0
     1     0     0     0     1
     1     0     1     1     0

参考

| | | | |

この情報は役に立ちましたか?