ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

movegui

画面上の指定した位置に GUI Figure を移動

構文

movegui(h,'position')
movegui(position)
movegui(h)
movegui

説明

movegui(h,'position') は、ハンドル番号 h で識別される Figure を指定した画面の位置に、Figure サイズを変更せずに移動します。引数 position は、次の表で指定されているとおり、文字列または 2 要素ベクトルです。

movegui(position) は、コールバック Figure(gcbf) または現在の Figure (gcf) を指定された位置に移動します。

movegui(h) は、ハンドル番号 h で指定した Figure を、位置 onscreen に移動します。

movegui は、コールバック Figure(gcbf) または現在の Figure (gcf) を位置 onscreen に移動します。'movegui' を Figure の CreateFcn コールバックとして指定することができます。これにより、Figure を保存すると、保存時の位置に関係なく、再読み込み時に Figure が画面上に現れるようになります。次の例を参照してください。

文字列の場合、position は次の記述子のいずれかです。

位置文字列説明
north画面の最上部中央
south画面の最下部中央
east画面の右端中央
west画面の左端中央
northeast画面の右上
northwest画面の左上
southeast画面の右下
southwest画面の左下
center画面中央
onscreen画面に全体が収まる、現在の位置に最も近い位置

また、引数 position を 2 要素ベクトル [h,v] として指定することもできます。符号に応じて、h は、Figure のオフセットを画面の左端または右端から指定します。v は、Figure のオフセットを画面の最上部または最下部から指定します。単位はピクセルです。以下の表に、使用可能な値をまとめます。

h (h >= 0)

画面左端からの左サイドのオフセット

h (h < 0)

画面右端からの右サイドのオフセット

v (v >= 0)

画面最下部からの下端のオフセット

v (v < 0)

画面最上部からの上端のオフセット

最大化された Figure ウィンドウに movegui を適用すると、ウィンドウがタスク バーの方向に移動し、画面の反対側にタスク バーと同じ幅のすき間ができます。このウィンドウのサイズは数ピクセルだけ縮小することがあります。最大化された Figure ウィンドウで onscreen オプションを使用すると、movegui は Figure の左上隅が表示されるように画面の左側と上側の両方にすき間を作ります。

GUIDEopenfig は、Figure を読み込んで確実に表示されるようにするときに、関数 movegui を呼び出します。

表示先コンピューターの画面のサイズと解像度にかかわらず、保存された GUI を読み込んだときに画面に確実に表示されるようにします。画面外の Figure を作成し、movegui をその CreateFcn コールバックとして割り当て、Figure を保存した後、再読み込みします。

f = figure('Position',[10000,10000,400,300]);
% The figure does not display because 
% it is created offscreen.
f.CreateFcn = @movegui;
hgsave(f,'onscreenfig');
close(f);
f2 = hgload('onscreenfig');
% The reloaded figure is now visible

Figure を画面の左下隅に移動します。

f = figure;
movegui(f,'southwest');

画面の下端と左端から 100 ピクセル オフセットされた位置まで Figure を移動します。

f = figure;
movegui(f,[100,100]);

参考

|

この情報は役に立ちましたか?