ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

mlintrpt

ファイルまたはフォルダーに対して checkcode を実行

構文

  • mlintrpt
  • mlintrpt(f)
  • mlintrpt(f, inputType)
  • mlintrpt(___,settingsfile)

説明

mlintrpt は、コード アナライザー メッセージを検出するために、現在のフォルダー内のすべての MATLAB® コード ファイルをスキャンし、MATLAB Web ブラウザーに結果を表示します。

mlintrpt(f) は、指定されたファイル f をスキャンします。

mlintrpt(f, inputType)inputType で指定されたファイルまたはフォルダー f をスキャンします。ファイルを指定するには 'file'、フォルダーを指定するには 'dir' を使用します。

mlintrpt(___,settingsfile) は、既定のアクティブ設定ファイルを指定された設定ファイルでオーバーライドします。settingsfile は、前述の構文にある任意の入力引数と共に指定できます。

すべて折りたたむ

サンプル ファイル lengthofline.m に対して mlintrpt を実行します。lengthogline に関する潜在的な問題や改良点のレポートが表示されます。

mlintrpt('lengthofline')

MATLAB® のサンプル フォルダー matlabroot/matlab/help/techdoc/matlab_env/examples にあるすべてのサンプルに対して mlintrpt を実行します。このフォルダー内のすべての MATLAB コード ファイルに関する潜在的な問題や改良点のレポートが表示されます。

mlintrpt(fullfile(matlabroot,'help','techdoc','matlab_env','examples'),'dir')

設定ファイルを作成して指定することで、レポート内の特定のメッセージを非表示にします。たとえば、ファイル lengthofline.m には OR 演算子として || の代わりに | を使用する行がいくつか含まれています。既定では、mlintrpt はこれらの行にフラグを設定します。

mlintrpt('lengthofline')

OR 演算子として | が使用されていることを示すメッセージを非表示にする設定ファイルを作成します。

  1. [ホーム] タブの [環境] セクションで [設定] ボタンをクリックします。

  2. 左のペインで [コード アナライザー] を選択します。

  3. Use || instead of | as the OR operator in (scalar) conditional statements」というメッセージをクリアします。

  4. ファイル名として mysettings.txt を入力し、現在のフォルダーに保存します。

  5. [キャンセル] ボタンをクリックして、アクティブな設定を変更せずに [設定] パネルを閉じます。

カスタム設定ファイル mysettings.txt を使用して、サンプル ファイルに対して mlintrpt を実行します。メッセージ「Use || instead of | as the OR operator in (scalar) conditional statements」は抑制され、レポートに表示されなくなります。

mlintrpt('lengthofline','mysettings.txt')

入力引数

すべて折りたたむ

ファイル名またはフォルダー名。文字ベクトルとして指定します。ファイル名には部分パスを含めることができますが、検索パス上のフォルダー内または現在のフォルダー内になければなりません。

入力型。入力がファイルの場合は 'file'、入力がフォルダーの場合は 'dir' を指定します。

設定ファイル名。文字ベクトルとして指定します。ファイルが現在のフォルダーにない場合は、ファイルへの絶対パスを指定します。

設定ファイル作成の詳細については、「コード アナライザー メッセージ設定の保存と再利用」を参照してください。無効なファイルを指定すると、レポートの最初のメッセージが 0: Unable to open or read the configuration file 'mymlint.txt'--using default settings になります。

参考

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?