ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

mlintrpt

ファイルまたはフォルダーに対して関数 checkcode を実行してブラウザーに結果を表示

構文

mlintrpt
mlintrpt('filename','file')
mlintrpt('dirname','dir')
mlintrpt('filename','file','settings.txt')
mlintrpt('dirname','dir','settings.txt')

説明

mlintrpt は、コード アナライザー メッセージを検出するために、現在のフォルダーの .m ファイル拡張子をもつすべてのファイルをスキャンし、MATLAB® Web ブラウザーに結果を表示します。

mlintrpt('filename','file') は、filename でコード アナライザー メッセージをスキャンし、結果を表示します。構文の形式で 'file' は既定の設定であるため、省略することができます。

mlintrpt('dirname','dir') は、指定されたフォルダーをスキャンします。ここで、dirname は現在のフォルダー内、または絶対パスになります。

mlintrpt('filename','file','settings.txt') は、コード アナライザー設定を適用して、指定された settings.txt ファイルに示されたとおりにメッセージの表示と非表示を切り替えます。

mlintrpt('dirname','dir','settings.txt') は、指定された settings.txt ファイルで示された設定を適用します。

    メモ:   settings.txt ファイルを指定する場合は、ファイルの絶対パスを指定しなければなりません。

lengthofline.m はコード例のファイルで、必要に応じて改良できます。これは、matlabroot/matlab/help/techdoc/matlab_env/examples に配置されています。

フォルダー内のすべてのファイルに対してレポートの実行

以下を実行します。

mlintrpt(fullfile(matlabroot,'help','techdoc','matlab_env','examples'),'dir')

MATLAB は、examples フォルダーにある .m ファイル拡張子をもつすべてのファイルについて潜在的な問題点と改良点のレポートを表示します。

これらのメッセージの詳細とコードの改善方法については、「コード アナライザー メッセージに基づいてコードを変更する」を参照してください。

コード アナライザーの設定を使用したレポート実行

[ホーム] タブの [環境] セクションにある [設定] ボタンをクリックし、左側のペインにある [コード アナライザー] を選択することにより、設定情報をテキスト ファイルに保存することができます。設定ファイルを保存するには、 ドロップダウン リストから [名前を付けて保存] を選択します。関数 mlintrpt を実行する際にこれらの設定を適用するには、file オプションを使用し、この例で示すように設定ファイル名の絶対パスを与えます。

mlintrpt('lengthofline.m', 'file', ...
'C:\WINNT\Profiles\me\Application Data\MathWorks\MATLAB\R2012b\mymlint.txt')

設定ファイルが設定フォルダーに保存されている場合は、代わりに fullfile を使用できます。

 mlintrpt('lengthofline.m', 'file', fullfile(prefdir,'mymlint.txt'))

mymlint.txt ファイル内で、"出力を抑制するために、セミコロンを使ってステートメントを終了してください。" の設定が無効にされているとします。lengthofline に対する関数 mlintrpt の結果は、49 行目にそのメッセージを表示しません。

関数 mlintrpt が設定ファイルを配置できない場合、レポートの最初のメッセージは以下になります。

0: Unable to open or read the configuration file 'mymlint.txt'--using default settings.

参考

この情報は役に立ちましたか?