ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

構文

  • M = max(A)
  • M = max(A,[],dim)
  • [M,I] = max(___)
  • C = max(A,B)

説明

M = max(A) は、A の最大要素を返します。

  • A がベクトルの場合、max(A)A の最大要素を返します。

  • A が行列の場合、max(A)A の列をベクトルとして取り扱い、最大要素の行ベクトルを返します。

  • A が多次元配列の場合、max(A) はサイズが 1 でない最初の配列次元に沿った値をベクトルとして取り扱い、最大値の配列を返します。この次元のサイズは 1 になりますが、他のすべての次元のサイズは変化しません。

M = max(A,[],dim) は、次元 dim に沿った最大要素を返します。たとえば、A が行列の場合、max(A,[],2) は各行の最大値をもつ列ベクトルになります。

[M,I] = max(___) は、A の最大値のインデックスを求め、それを前述の構文の入力引数のいずれかを使用して出力ベクトル I に返します。最大値をもつ要素が複数あるときは、max は最初に見つかったインデックスを返します。

C = max(A,B) は、A または B から得られた最大要素をもつ、AB と同じサイズの配列を返します。AB の次元は一致するか、どちらかがスカラーでなければなりません。

すべて折りたたむ

ベクトルの最大要素

ベクトルの最大値を返します。

A = [23 42 37 18 52];
M = max(A)
M =

    52

配列の単一の最大要素

2 行 3 列の行列を作成します。

A = [4 8 2; 9 3 7]
A =

     4     8     2
     9     3     7

行列内の単一の最大要素を求めるには、関数 max を 2 度、つまり max(max(A)) を適用します。ただし、これによって最大要素のインデックスは返されません。

A(:) を使用して、配列 A の要素の列表現での最大要素を求めます。また、最大要素のインデックスを返します。

[M,I] = max(A(:))
M =

     9


I =

     2

A(:) は行列のすべての列から成る列ベクトルであり、各列が前列の最後に付加されます。A(2) は最大要素 9 を返します。

行列の各列の最大値

2 行 3 列の行列を作成します。

A = [2 8 4; 7 3 9]
A =

     2     8     4
     7     3     9

各列の最大値を求めます。

[M,I] = max(A)
M =

     7     8     9


I =

     2     1     2

A(I(n),n) には An 番目の列の最大要素が含まれます。

行列の各行の最大値

2 行 3 列の行列を作成します。

A = [1.7 1.2 1.5; 1.3 1.6 1.99]
A =

    1.7000    1.2000    1.5000
    1.3000    1.6000    1.9900

各行の最大値を求めます。

[M,I] = max(A,[],2)
M =

    1.7000
    1.9900


I =

     1
     3

A(n,I(n)) には An 番目の行の最大要素が含まれます。

2 つの配列の最大要素

同じサイズの配列を 2 つ作成します。

A = [1 8 3; 7 2 9]
B = [2 6 4; 5 2 7]
A =

     1     8     3
     7     2     9


B =

     2     6     4
     5     2     7

A または B の最大要素を求めます。

C = max(A,B)
C =

     2     8     4
     7     2     9

C には、AB の対応する要素の各ペアの最大要素が含まれています。

配列とスカラーの最大要素

行列 A の各要素をスカラーと比較して、最大値を返します。

2 行 3 列の行列を作成します。

A = [1 7 3; 6 2 9]
A =

     1     7     3
     6     2     9

A の各要素をスカラー値 5 と比較します。

B = 5;
C = max(A,B)
C =

     5     7     5
     6     5     9

C には A の各要素とスカラー 5 のうち大きい方の値が含まれます。

入力引数

すべて折りたたむ

A — 入力配列スカラー | ベクトル | 行列 | 多次元配列

入力配列。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として指定します。A には数値配列、論理配列、順序カテゴリカル配列、datetime 配列または duration 配列を使用できます。

複素数のサポート: はい

dim — 動作する対象の次元正の整数スカラー

動作する対象の次元。正の整数のスカラーとして指定します。値が指定されていない場合、既定値はサイズが 1 ではない最初の配列次元です。

次元 dim は、長さが 1 に縮小した次元を示します。size(M,dim)1 ですが、size(A,dim)0 でない限り、他のすべての次元のサイズは変化しません。size(A,dim)0 である場合、max は次元のサイズが同じ空の配列を返します。

2 次元の入力配列 A について考えます。

  • dim = 1 の場合、max(A,[],1) は、各列の最大要素を含む行ベクトルを返します。

  • dim = 2 の場合、max(A,[],2) は、各行の最大要素を含む列ベクトルを返します。

dimndims(A) より大きい場合、maxA を返します。

B — 2 番目の入力配列スカラー | ベクトル | 行列 | 多次元配列

2 番目の入力配列。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として指定します。B には数値配列、論理配列、順序カテゴリカル配列、datetime 配列または duration 配列を使用できます。

AB の次元は一致するか、どちらかがスカラーでなければなりません。

AB が順序カテゴリカル配列である場合は、順序を含めて同じカテゴリ セットでなければなりません。

AB には同じデータ型を使用できます。または、一方に double を使用して、single、整数データ型または duration と組み合わせることができます。

複素数のサポート: はい

出力引数

すべて折りたたむ

M — 最大値スカラー | ベクトル | 行列 | 多次元配列

最大値。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として返されます。

size(M,dim)1 ですが、size(A,dim)0 でない限り、他のすべての次元のサイズは A の対応する次元のサイズと一致します。size(A,dim)0 である場合、MA と次元のサイズが同じ空の配列です。

IA のインデックスA と同じサイズの配列

A のインデックス。A と同じサイズの配列として返されます。最大要素が複数回発生する場合、I には最初に発生した値に対するインデックスが含まれます。

CA または B の最大要素配列

A または B の最大要素。配列として返されます。

C のサイズは、以下のようになります。

  • AB のサイズが常に同じである場合、C のサイズは AB と同じサイズになります。

  • A または B のどちらかがスカラーである場合、C のサイズはスカラーではない入力配列と同じサイズになります。

C のデータ型は、以下のようになります。

  • AB のデータ型が同じ場合、C のデータ型は A および B と同じです。

  • A または B のいずれかが single の場合、Csingle になる。

  • AB が整数データ型でスカラー double である場合、C は同じ整数データ型です。

詳細

すべて折りたたむ

アルゴリズム

関数 max は、NaN を無視します。A のすべての要素が NaN である場合、max は最初の値を最大値として返します。カテゴリカル配列内の未定義の値と datetime 配列内の NaT 値は数値配列の NaN と同様です。

A が複素数である場合、関数 max は、最大の絶対値 (大きさ) をもつ複素数を返します。大きさが等しい場合、max は最大の大きさと最大の位相角をもつ値を返します。

空の配列とスカラーを max(A,B) で使用した場合、max は空の配列を返します。

参考

| | | |

この情報は役に立ちましたか?