ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab (Windows)

Windows システム プロンプトから MATLAB プログラムを開始

構文

  • matlab
  • matlab option1 ... optionN

説明

matlab は、Microsoft® Windows® システム プロンプトから MATLAB® プログラムを開始します ここでは、用語 matlab はユーザーが入力したコマンドを指し、MATLAB はプログラムを指します。

matlab コマンドは以下を実行します。

  • MATLAB ルート フォルダーを判別します。この値は関数 matlabroot から返されます。

  • コマンド ライン オプションを処理し、その他のオプションを MATLAB に渡します。

matlab option1 ... optionN は、指定の起動オプションを使用して MATLAB を開始します。

入力引数

すべて展開する

1 つ以上の起動オプション。以下の表にある有効な起動オプションに対応する文字列として指定します。

表示オプション

オプション結果
-noFigureWindows

MATLAB で Figure ウィンドウの表示を無効にします。

-nosplash

起動時にスプラッシュ スクリーンを非表示にします。

MATLAB スクリプトまたは関数の実行

オプション結果

-r statement

MATLAB statement を実行します。ステートメントは文字列か、MATLAB スクリプトまたは関数の名前として指定します。statement が MATLAB コードの場合、文字列を二重引用符で囲みます。statement が MATLAB 関数またはスクリプトの名前である場合、ファイル拡張子を指定したり、引用符を使用したりしないでください。必要なファイルは、MATLAB 検索パスまたは起動フォルダーになければなりません。

例: -r "disp(['Current folder: ' pwd])"

例: -r myscript

デバッグ オプション

オプション結果

-logfile filename

エラー ログ レポートを含むコマンド ウィンドウの出力を、filename に文字列としてコピーします。

例: -logfile output.log

-jdb portnumber

Java® デバッガーの使用を有効にします。Java デバッガーは portnumber に既定の設定である 4444 を使用して MATLAB と通信を行います。

ポート番号の指定はオプションです。ただし、複数の MATLAB セッションを実行中に Java デバッガーを使用するには、ポート番号を指定する必要があります。portnumber の値は 0 ~ 65535 の整数でなければなりません。システムで予約されている番号や、他のアプリケーションで現在使用中の番号は指定できません。

単一の計算スレッドの使用

既定の設定では、MATLAB は実行先コンピューターのマルチスレッド機能を利用します。

オプション結果
-singleCompThread

単一の計算スレッドに制限して MATLAB を使用します。

カスタム Java クラス パスの検索の無効化

オプション結果
-nouserjavapath

javaclasspath.txt および javalibrarypath.txt ファイルの使用を無効にします。詳細は、「Java 起動オプションの指定」を参照してください。

OpenGL ライブラリ オプション

これらのオプションは、MATLAB で既知の問題があるグラフィックス ドライバーが検知された場合のソフトウェア OpenGL® ライブラリの使用を制御します。詳細は、「OpenGL 要求仕様でのグラフィックス機能」を参照してください。

オプション結果
-softwareopengl

MATLAB がソフトウェア OpenGL ライブラリを使用して開始するように強制します。

-nosoftwareopengl

OpenGL ソフトウェアの自動選択を無効にします。

COM オートメーション サーバー オプション

オプション結果

-automation

MATLAB を Component Object Model (COM) オートメーション サーバーとして開始します。MATLAB はスプラッシュ スクリーンを表示せず、ウィンドウを最小化します。MATLAB への単一の呼び出しに使用します。

-regserver

MATLAB を COM オートメーション サーバーとして Windows レジストリに登録します。MATLAB は最小化されたコマンド ウィンドウを表示します。このウィンドウは閉じてください。

Windows レジストリを変更するには管理者権限が必要です。ユーザー アカウント制御 (UAC) の設定によっては、Windows コマンド プロセッサを右クリックして [管理者として実行] を選択する必要があります。このオプションが利用できない場合、システム管理者にお問い合わせください。

MATLAB は、-unregserver オプションを使用するまで登録されたままになります。

あるいは、MATLAB を MATLAB コマンド プロンプトから登録することもできます。以下を入力します。

!matlab -regserver
MATLAB に最小化されたコマンド ウィンドウが表示されます。MATLAB の作業を続けるには、このウィンドウを開いて MATLAB を終了します。

-unregserver

MATLAB COM サーバー エントリをレジストリから削除します。

MATLAB の終了を待機

既定では、スクリプトから matlab コマンドを呼び出すと、コマンドは MATLAB を開始した後、直ちにスクリプトの次のステートメントを実行します。-wait オプションを使用して、MATLAB が終了するまでスクリプトを一時停止します。

オプション結果

-wait

MATLAB からの結果を処理するために起動スクリプトで使用します。このオプションを付けて MATLAB を呼び出すと、結果が生成されるまでスクリプトは処理を続行できなくなります。

ライセンス ファイルの指定

詳細は、の「ライセンス ファイルについて」を参照してください。

オプション結果

-c license

ライセンス ファイル license を使用します。ファイルは文字列、コロンで区切られたライセンス ファイル名のリストまたは port@host エントリとして指定します。複数のファイルを指定する場合、ファイル名をセミコロンで区切り、リスト全体を引用符で囲みます。ライセンス ファイルへのパスにスペースが含まれている場合は、パス名を引用符で囲みます。

例: -c "c:\TMW license\license_agreement.txt"

ヘルプ オプション

オプション結果
-h

MATLAB を開始せずに起動オプションを表示します。

-help

-h オプションと同じです。

-?

-h オプションと同じです。

すべて展開する

matlab -nosplash 
matlab -logfile output.log
この情報は役に立ちましたか?