ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab (Windows)

MATLAB プログラムを起動する (Windows プラットフォーム)

構文

matlab
matlab helpOption
matlab -automation
matlab -c licensefile
matlab -jdb portnumber
matlab -logfile filename
matlab -noFigureWindows
matlab -nosplash
matlab -nouserjavapath
matlab -r "statement"
matlab -regserver
matlab -sd "startdir"
matlab shieldOption
matlab -singleCompThread
matlab -unregserver
matlab -wait

    メモ:   同じ 1 つの matlab コマンドにこれらの複数のオプションを入力することができます。

説明

matlab は、Microsoft® Windows® プラットフォーム上で MATLAB® 実行ファイルを実行するスクリプトです (このドキュメントでは、matlab は、このスクリプトを指し、MATLAB は実行ファイルを指します)。MATLAB の実行を実際に開始する前に、このスクリプトは以下によってランタイム環境を設定します。

  • MATLAB ルート フォルダーの定義。

  • ホスト マシン アーキテクチャの定義。

  • MATLAB に渡された残りからのコマンド ライン オプションの選択的な処理

  • 一部の MATLAB 環境変数の設定。

matlab の処理を制御するには、2 つの方法があります。

  • コマンド ライン オプションを指定。

  • プログラムを呼び出す前に環境変数を設定。

コマンド ラインでオプションの指定

コマンド ラインに入力できるオプションは、以下のようになります。

matlab helpOption は、MATLAB を起動せずに、指定された引数 helpOption に一致する情報を表示します。helpOption は、以下の表に示すキーワードのいずれかになります。1 つの matlab ステートメントに helpOption キーワードを 1 つだけ入力します。

helpOption の値

オプション

説明

-help

matlab コマンドの使用方法の表示。

-h

-help と同様。

-?

-help と同様。

matlab -automation は、オートメーション サーバーとして MATLAB を起動します。サーバー ウィンドウは最小化され、MATLAB スプラッシュ スクリーンは起動時に表示されません。

matlab -c licensefile は、指定されたライセンス ファイルを使用して MATLAB を起動します。licensefile 引数は、port@host の形式で記述します。このオプションにより、MATLAB は環境変数 LM_LICENSE_FILEMLM_LICENSE_FILE を無視します。

matlab -jdb portnumber は、Java® デバッガーの使用を有効にして MATLAB を起動します。ポート番号を指定した場合、Java デバッガーはそのポートを使用して MATLAB と通信します。ポート番号は 0 ~ 65535 の範囲で指定できますが、システムの別のアプリケーションによって予約されているか、現在使用されているポートは使用できません。既定の設定では、MATLAB はポート 4444 を使用します。複数の MATLAB セッションを実行しているときに Java デバッガーを使用する場合は、ポート番号を必ず指定してください。

matlab -logfile filename は、MATLAB を起動し、filename にコマンド ウィンドウのすべての出力のコピーを作成します。これは、すべてのクラッシュ レポートも含んでいます。

matlab -noFigureWindows は、MATLAB を起動しますが、MATLAB での Figure ウィンドウの表示を無効にします。

matlab -nosplash は、MATLAB を起動しますが、起動時にスプラッシュ スクリーンを表示しません。

matlab -nouserjavapathjavaclasspath.txt および javalibrarypath.txt ファイルを無効にします。

matlab -r "statement" は、MATLAB を起動し、指定された MATLAB statement を実行します。statement が MATLAB 関数またはスクリプトの名前である場合、ファイル拡張子を指定しないでください。必要なファイルは、MATLAB 検索パスまたは起動フォルダーになければなりません。

matlab -regserver は、MATLAB を Component Object Model (COM) サーバーとして登録します。

matlab -sd "startdir" は、MATLAB の起動フォルダーを指定します。このフォルダーは、MATLAB 起動後の現在のフォルダーです。-sd オプションは削除されました。代替方法については、「Windows プラットフォーム上の起動フォルダー」を参照してください。

matlab shieldOption は、Windows の 32 ビット プラットフォーム上で起動するときに MATLAB が使用するアドレス空間を、指定されたレベルで保護します。具体的には、起動後に使用できるメモリの最大の連続ブロックをできるだけ確保しようとします。これは、大きなデータセットの処理に便利です。そのためには、shieldOption は、DLL などのリソースがアドレス空間が断片化されない場所に確実に読み込まれるようにします。shieldOptionnone 以外の値に設定すると、アドレス空間は matlabrc が処理されるまでまたは処理された後に保護されます。連続メモリのより大きい最初のブロックを安全に保護するには、より高いレベルの保護を使用します。ただし、レベルを上げても、必ずしもブロックのサイズが大きくなるとは限らず、起動に関する問題が発生する可能性があります。したがって、低いレベルの保護で起動して、成功するようであれば 1 つ上のレベルに上げてみます。起動後に関数 memory を使用して、メモリの最大連続ブロックのサイズを確認することができます。これは、使用した shieldOption 設定の実際の効果を判断する際に役立ちます。使用している matlabrc (または startup.m) でメモリを大量に必要とする場合、shieldOption の保護レベルを上げると、起動できなくなる可能性があります。その場合には、レベルを下げてください。shieldOption の値は、以下の表に示されるキーワードのいずれかになります。

オプション

説明

-shield minimum

これは既定の設定です。MATLAB 起動時に起動プロセス matlabrc の直前まで範囲 0x500000000x70000000 を保護します。これは、この点まで少なくとも 500 MB の連続メモリが確実に存在するようにします。

この既定値で起動します。既定の設定を使用するには、起動直後にシールド オプションを指定しないでください。

MATLAB が既定のオプション -shield minimum で正常に起動できない場合、代わりに -shield none を使用します。

shieldOption の既定値で MATLAB が正常に起動し、しかも起動直後により大きい連続ブロックを確保するには、-shield medium オプションを使用します。

-shield medium

最小の場合と同じ範囲、つまり 0x500000000x70000000 を保護しますが、起動プロセス matlabrc の直後までです。これは、この点まで少なくとも 500 MB の連続メモリが確実に存在するようにします。

MATLAB を -shield medium オプションで正常に起動しない場合は、代わりに既定のオプション (-shield minimum) を使用してください。

MATLAB が -shield medium オプションで正常に起動し、起動後により大きい連続ブロックを確保したい場合は、-shield maximum オプションを使用してみてください。

-shield maximum

可能な最大範囲 (最大約 1.5 GB) を保護しますが、起動プロセス matlabrc の直後までです。

MATLAB が、-shield maximum オプションで正常に起動しない場合は、代わりに -shield medium オプションを使用してください。

-shield none

アドレス保護を完全に無効にします。MATLAB が既定の (-shield minimum) オプションで正常に起動できない場合には、これを使用します。

matlab -singleCompThread は、MATLAB を単一の計算スレッドに制限します。既定の設定では、MATLAB は実行先コンピューターのマルチスレッド機能を利用します。

matlab -unregserver は、レジストリからすべての MATLAB COM サーバー エントリを削除します。

matlab -wait MATLAB は、別の起動プログラムで起動されます。このプログラムは通常、MATLAB を起動したらすぐに終了します。このオプションを使用すると、起動プログラムは MATLAB が終了するまで終了しないように指示されます。このオプションは、MATLAB からの結果をスクリプトで処理する必要があるときに便利です。このオプションを付けて MATLAB を呼び出すと、結果が生成されるまでスクリプトは処理を続行できなくなります。

環境変数の設定

MATLAB を起動する前に、以下の環境変数を設定できます。

変数名

説明

LM_LICENSE_FILE

使用するライセンス ファイルを指定します。引数 -c を使用してライセンス ファイルを指定した場合、この変数はオーバーライドされます。この変数の値は、ライセンス ファイルのセミコロンで区切られたリストかまたは port@host エントリです。

この情報は役に立ちましたか?