ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.io.fits.setCompressionType

イメージ圧縮タイプの設定

構文

setCompressionType(fptr,comptype)

説明

setCompressionType(fptr,comptype) は、FITS イメージの作成時に使用されるイメージ圧縮アルゴリズムを指定します。

comptype でサポートされる値を以下に示します。

'GZIP'
'GZIP2'
'RICE'
'PLIO'
'HCOMPRESS'
'NOCOMPRESS'

この関数は、CFITSIO ライブラリ C API の関数 fits_set_compression_type に相当します。

import matlab.io.*
fptr = fits.createFile('myfile.fits');
fits.setCompressionType(fptr,'GZIP2');
fits.createImg(fptr,'long_img',[256 512]);
data = reshape(1:256*512,[256 512]);
data = int32(data);
fits.writeImg(fptr,data);
fits.closeFile(fptr);
fitsdisp('myfile.fits','mode','full');
この情報は役に立ちましたか?