ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.io.fits.readRecord

番号によって指定されたヘッダー記録

構文

card = readRecord(fptr,keynum)

説明

card = readRecord(fptr,keynum) は、数値 keynum で識別された、全体で 80 文字となるヘッダー記録を返します。末尾の空白は切り捨てられます。

この関数は、CFITSIO ライブラリ C API の関数 fits_read_record (ffgrec) に相当します。

各 HDU 内の 2 番目の記録を読み取ります。

import matlab.io.*
fptr = fits.openFile('tst0012.fits');
n = fits.getHdrSpace(fptr);
for j = 1:n
    card = fits.readRecord(fptr,j);
    fprintf('record %d:  "%s"\n', j, card);
end
fits.closeFile(fptr);
この情報は役に立ちましたか?