ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

lighting

ライティング アルゴリズムを選択

構文

lighting flat
lighting gouraud
lighting none

説明

lighting は、現在の Axes にあるすべての surfacepatch オブジェクトの light オブジェクトの効果を計算するためのアルゴリズムを選択します。ただし、lighting コマンドが影響を与えられるようにするには、関数 light を使用して lighting オブジェクトを作成しなければなりません。

lighting flat は、オブジェクト面ごとに一様なライティングを生成します。面のあるオブジェクトを表示するには、この方法を選択してください。

lighting gouraud は各面にわたる頂点法線を計算し、線形に内挿します。曲率のある表面を表示するには、この方法を選択してください。

lighting none は、ライティングを行いません。

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

関数 surfmeshpcolorfillfill3surfacepatch は、光源に影響を受けるグラフィックス オブジェクトを作成します。lighting コマンドは、surface と patch の FaceLighting プロパティと EdgeLighting プロパティをグラフィックス オブジェクトに対して適切に設定します。

この情報は役に立ちましたか?