ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

lightangle

球面座標系で Light オブジェクトを作成または設置

構文

lightangle(az,el)
light_handle = lightangle(az,el)
lightangle(light_handle,az,el)
[az,el] = lightangle(light_handle)

説明

lightangle(az,el) は、方位角と仰角で設定される位置に Light を作成します。az は水平方向の方位で、el は垂直方向の方位で、共に度で表します。仰角と方位角の解釈は、関数 view コマンドと同様です。

light_handle = lightangle(az,el) は、Light を作成し、そのハンドルを light_handle に返します。

lightangle(light_handle,az,el) は、light_handle で指定した位置に Light を設定します。

[az,el] = lightangle(light_handle) は、light_handle で指定した Light の仰角と方位角を返します。

surf(peaks)
axis vis3d
h = light;
for az = -50:10:50
   lightangle(h,az,30)
   pause(.2)
end

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

既定の設定では、Light が作成されたときのスタイルは infinite です。関数 lightangle に渡される Light のハンドル番号が、ローカル ライトを参照する場合は、ライトとカメラ ターゲット間の距離は、位置が変化しても保持されます。

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?