ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

light

Light オブジェクトを作成

構文

light('PropertyName',propertyvalue,...)
handle = light(...)

プロパティ

プロパティの一覧については、「Light Properties」を参照してください。

説明

関数 light は、現在の Axes に Light オブジェクトを作成します。Light は、Patch および Surface オブジェクトのみに影響します。

light('PropertyName',propertyvalue,...) は、名前を付けたプロパティに対して指定した値を使用して、Light オブジェクトを作成します。プロパティの詳細は、「Light のプロパティ」を参照してください。MATLAB® では、ユーザーが他の Axes を Parent プロパティによって指定しない限り、現在の Axes が Light オブジェクトの親オブジェクトになります。

handle = light(...) は、作成される Light オブジェクトのハンドル番号を返します。

peaks を使った表面プロットに、ベクトル [1 0 0] で定義される方向、つまり、x 軸方向の無限大に位置する光源から照明を与えます。

h = surf(peaks);
set(h,'FaceLighting','phong','FaceColor','interp',...
      'AmbientStrength',0.5)
light('Position',[1 0 0],'Style','infinite');

既定のプロパティの設定

「axes」「figure」rootobject レベルで既定の Light プロパティを設定することができます。

set(0,'DefaultLightProperty',PropertyValue...)
set(gcf,'DefaultLightProperty',PropertyValue...)
set(gca,'DefaultLightProperty',PropertyValue...)

Property は、Light オブジェクトのプロパティ名で、PropertyValue は指定する値です。Light プロパティにアクセスするには、関数 set および get を使用してください。

チュートリアル

ライティングの詳細は、「ライティングの概要」を参照してください。

詳細

すべて展開する

ヒント

Light オブジェクトそれ自体を見ることはできませんが、Patch および Surface オブジェクトへの光源の影響は見ることができます。これらのオブジェクトに照明を与える Axes の周囲光の色を指定することができます。しかし、周囲光は少なくとも 1 つの Light オブジェクトが Axes に存在して、視覚可能であるときにのみ見ることができます。

プロパティの名前と値のペア、構造体配列、セル配列としてプロパティを指定できます (これらのデータ型の指定方法例は、関数 set および関数 get を参照してください)。

patchsurface AmbientStrengthDiffuseStrengthSpecularStrength, SpecularExponentSpecularColorReflectance、および VertexNormals プロパティも参照してください。また、lightingmaterial コマンドを参照してください。

この情報は役に立ちましたか?