ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

license

ライセンス番号の取得またはライセンス タスクの実行

構文

license
license('inuse')
S = license('inuse')
S = license('inuse',feature)
status = license('test',feature)
license('test',feature,toggle)
[status,errmsg] = license('checkout',feature)

説明

license は、現在使用中の MATLAB® 製品のライセンス番号を返します。MATLAB デモ バージョンの場合は 'demo'、MATLAB Student Version の場合は 'student'、ライセンス番号が未定の場合には 'unknown' の値が返されます。

license('inuse') は、現在の MATLAB セッションでチェックアウトされたライセンスのリストを表示します。製品のリストは、ライセンス フィーチャー名に基づきアルファベット順に並んでいます。これらの名前は、入力 feature の有効な値と同じです。

S = license('inuse') は、チェックアウトされたライセンスと、ライセンスをチェックアウトした各ユーザーの名前を示す構造体の配列を返します。

S = license('inuse',feature) は、feature で指定された製品が現在の MATLAB セッションでチェックアウトされているかどうかをチェックします。製品がチェックアウトされている場合、関数 license は、製品名とチェックアウトしたユーザーのユーザー名を返します。それ以外の場合、S のフィールドは空です。

status = license('test',feature) は、feature で指定された製品のライセンスが存在するかどうかをテストします。

license('test',feature,toggle) は、toggle の値に応じて feature で指定された製品のテストを有効または無効にします。

[status,errmsg] = license('checkout',feature) は、指定された製品のライセンスをチェックアウトします。オプションの第 2 出力引数 errmsg を指定すると、チェックアウトが失敗した場合、発生したエラー メッセージのテキストがライセンスによって返されます。

すべて折りたたむ

現在使用中のライセンスのリストを表示します。

license('inuse')
image_toolbox
map_toolbox
matlab

license は、製品のリストをライセンス フィーチャー名でアルファベット順に表示します。

ライセンスのリストと、各ユーザーの情報を含むリストを取得します。

S = license('inuse');

license は、構造体配列を返します。

S の最初の要素を表示します。

S(1)
ans = 

    feature: 'image_toolbox'
       user: 'juser'

MATLAB のライセンスが使用中かどうかを判定します。

S = license('inuse','MATLAB')
S = 

    feature: 'matlab'
       user: 'jsmith'

ライセンスが使用中の場合、S は空でないフィールドの構造体配列です。

Mapping Toolbox™ のライセンスが存在するかどうか判定します。

status = license('test','map_toolbox')
status =

    1

ライセンスが存在する場合、license1 を返します。

Control System Toolbox™ のライセンスをチェックアウトします。

[status,errmsg] = license('checkout','control_toolbox')
status =

     1


errmsg =

     ''

チェックアウトが正常に完了した場合、出力 status1、出力 errmsg は空になります。

入力引数

すべて折りたたむ

ライセンス フィーチャー名。文字ベクトルとして指定します。ライセンス ファイルの INCREMENT 行は有効なフィーチャーを示します。ライセンス ファイルを見つけるには、「Where are the license files for MATLAB located?」を参照してください。

以下の表に、よく使われる製品の feature の値を示します。

feature の値MathWorks® 製品
'MATLAB'MATLAB
'SIMULINK'Simulink®
'Control_Toolbox'Control System Toolbox
'Curve_Fitting_Toolbox'Curve Fitting Toolbox™
'Signal_Blocks'DSP System Toolbox™
'Image_Toolbox'Image Processing Toolbox™
'Optimization_Toolbox'Optimization Toolbox™
'Distrib_Computing_Toolbox'Parallel Computing Toolbox™
'Signal_Toolbox'Signal Processing Toolbox™
'Stateflow'Stateflow®
'Statistics_Toolbox'Statistics and Machine Learning Toolbox™
'Symbolic_Toolbox'Symbolic Math Toolbox™

feature の値では大文字と小文字が区別されません。

製品ライセンスの有無をテストする機能。'enable' または 'disable' として指定します。

  • toggle'enable' に指定すると、license('test',feature) 構文は製品ライセンスが存在する場合に 1 を、存在しない場合は 0 を返します。

  • toggle'disable' に指定すると、license('test',feature) 構文は指定された製品について常に 0 (製品ライセンスなし) を返します。

    メモ:   特定の製品のテストを無効にすると、license コマンドで実行するテストだけではなく、ライセンスの有無に関する他のテストにも影響を与える可能性があります。

出力引数

すべて折りたたむ

チェックアウトされた製品。チェックアウトされたライセンスを示す構造体の配列として返されます。構造体には、以下の 2 つのフィールドが含まれます。

  • feature — ライセンス フィーチャー名

  • user — ライセンスをチェックアウトした人のユーザー名

フィールドが空の場合、製品は現在チェックアウトされていません。

テストまたはチェックアウトのステータス。1 または 0 が返されます。

  • ライセンスの有無をテストしている場合、1 はライセンスが存在することを、0 はライセンスが存在しないことを示します。

    ライセンスが存在していても、そのライセンスをチェックアウトできない場合や、製品がインストールされていないこともあります。また、ライセンスの有効期限が切れていたり、システム管理者によってユーザーによる製品の使用が禁止されている場合でも status1 になります。

  • ライセンスをチェックアウトする場合、1 はチェックアウトに成功したことを、0 は関数 license がライセンスをチェックアウトできなかったことを示します。

ライセンスのチェックアウトに失敗した場合のエラー メッセージ。文字ベクトルとして返されます。チェックアウトが正常に完了した場合、errmsg は空です。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?