ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

license

ライセンス番号を返すまたはライセンス タスクの実行

構文

license
license('inuse')
S = license('inuse')
S = license('inuse', feature)
license('test',feature)
license('test',feature,toggle)
[TF errmsg] = license('checkout',feature)

説明

license は、現在使用中の MATLAB® 製品のライセンス番号を返します。戻り値は、常に文字列ですが、数字であるとは限りません。次の表は、関数 license が返すテキスト文字列を示します。

文字列説明

'demo'

MATLAB は、デモ バーションです。

'student'

MATLAB は学生向けバージョンです。

'unknown'

ライセンス番号を特定できません。

license('inuse') は、現在の MATLAB セッションでチェックアウトされたライセンスのリストを返します。このリストに、ライセンス フィーチャー名で製品がアルファベット順でリストされます。ライセンス フィーチャー名は、製品を識別するために使用されるテキスト文字列で、ライセンス ファイル (license.dat) 内の INCREMENT 行にあります。リストに返されるフィーチャー名は、小文字のみ含まれることに注意してください。

S = license('inuse') は、構造体の配列を返します。ここで、各構造体はチェックアウト ライセンスを示します。構造体は 2 つのフィールドをもちます。それは、feature と user です。feature フィールドは、ライセンス feature 名をもちます。user フィールドはライセンスをチェックアウトした人のユーザー名をもちます。

S = license('inuse', feature) は、テキスト文字列 feature によって指定された製品が現在の MATLAB セッションでチェックアウトされたかどうかをチェックします。製品がチェックアウトされた場合、関数 license は、構造体 S に製品名とチェックアウトした人のユーザー名を返します。現在製品がチェックアウトされていない場合、構造体のフィールドは空になります。

feature 文字列は、ライセンス ファイル内の INCREMENT 行に記述されているように、正確なスペルでライセンス フィーチャー名になる必要があります。たとえば、文字列 'Identification_Toolbox' は、System Identification Toolbox™ に対するフィーチャー名です。feature 文字列は、大文字小文字を区別しません。また 27 文字を超えてはいけません。

license('test',feature) は、テキスト文字列 feature によって指定された製品にライセンスが存在するかどうかをテストします。関数 license コマンドは、ライセンスが存在する場合は 1 を、存在しない場合は 0 を返します。feature 文字列は、前述の構文で説明したように製品を識別します。

    メモ:   ライセンスのテストは、ライセンスが存在するかどうかのみを確認します。このテストは、ライセンスがチェックアウトされたかどうかは確認しません。たとえば、ライセンスの期限が切れている場合や、システム管理者がオプション ファイルの使用製品からユーザーを排除した場合でも、ライセンスが存在する場合、関数 license は 1 を返します。ライセンスの存在は、製品がインストールされていることを示すものではありません。

license('test',feature,toggle) は、toggle の値に依存して、テキスト文字列 feature で指定された製品のテストを有効または無効にします。パラメーター toggle は、2 つの値のうちどちらかをもちます。

'enable'

license('test',feature) 構文は、製品ライセンスが存在する場合は 1 を、存在しない場合は 0 を返します。

'disable'

license('test',feature) 構文は、指定された製品に対して、常に 0 (製品ライセンスが存在しないことを示す) を返します。

    メモ:   特定の製品のテストを無効にすると、関数 license コマンドを使用して実行するテストだけではなく、存在するライセンスの他のテストに影響を与える可能性があります。

[TF errmsg] = license('checkout',feature) は、テキスト文字列 feature で指定された製品のライセンスをチェックアウトし、ライセンスをチェックアウトできた場合は 1 を返し、チェックアウトできなかった場合は 0 を返します。オプションの 2 番目の出力引数 errmsg が指定された場合、関数 license はエラーが発生した場合はエラー メッセージのテキストを返し、チェックアウトが成功した場合は空の文字列を返します。

現在使用中の MATLAB のライセンス番号を取得します。

license

現在使用中のライセンスのリストを取得します。返されるリストには、ライセンス フィーチャー名のアルファベット順で、製品が表示されることに注意してください。

license('inuse')

image_toolbox
map_toolbox
matlab

どのユーザーがライセンスを使用しているかの情報を示すライセンスのリストを取得します。

S = license('inuse');

S(1)

ans = 

    feature: 'image_toolbox'
       user: 'juser'

MATLAB のライセンスが現在使用されているかどうかを判定します。

S = license('inuse','MATLAB')

S = 

    feature: 'matlab'
       user: 'jsmith'

Mapping Toolbox™ に対してライセンスが存在するかを判断します。

license('test','map_toolbox')

ans =

    1

Control System Toolbox™ のライセンスをチェックアウトします。

license('checkout','control_toolbox')

ans =

    1

Control System Toolbox のライセンスがチェックアウトされているかどうかを判定します。

license('inuse')

control_toolbox
image_toolbox
map_toolbox
matlab

参考

この情報は役に立ちましたか?