ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ldivide, .\

構文

  • x = B.\A
  • x = ldivide(B,A)

説明

x = B.\A は、A の各要素を対応する B の要素で除算します。

  • AB が配列の場合、両者は同じサイズでなければなりません。

  • A または B がスカラーの場合、MATLAB® はスカラー値を適切なサイズの配列に拡張します。

x = ldivide(B,A)AB で除算する代替手法ですが、まれにしか使用されません。これは、クラスの演算子のオーバーロードを有効にします。

すべて展開する

2 つの数値配列の除算

A = ones(2, 3);
B = [1 2 3; 4 5 6];
x = B.\A
x =

    1.0000    0.5000    0.3333
    0.2500    0.2000    0.1667

スカラーを数値配列で除算

C = 2;
D = [1 2 3; 4 5 6];
x = D.\C
x =

    2.0000    1.0000    0.6667
    0.5000    0.4000    0.3333

入力引数

すべて展開する

A — 分子数値配列 | スパース数値配列

非スパースまたはスパース数値配列として指定される分子。B が整数データ型の場合、A は同じ整数型か double のスカラーでなければなりません。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64
複素数のサポート: はい

B — 分母数値配列 | スパース数値配列

非スパースまたはスパース数値配列として指定される分母。A が整数データ型の場合、B は同じ整数型か double のスカラーでなければなりません。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64
複素数のサポート: はい

出力引数

すべて展開する

x — 解数値配列 | スパース数値配列

スパースまたは非スパースの数値配列として返される解。A または B が整数データ型の場合、x も同じ整数データ型です。

詳細

すべて展開する

ヒント

  • MATLAB は複素数の整数の除算はサポートしていません。

この情報は役に立ちましたか?