ドキュメンテーション

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

javachk

Java 機能のサポートに基づくエラー メッセージ

構文

  • MSG = javachk(feature)
  • javachk(feature,component)

説明

MSG = javachk(feature) は、指定された Java® 機能が現在の MATLAB® セッションで利用できない場合に、一般的なエラー メッセージを返します。

また、javachk(feature,component) は、エラー メッセージの指定されたコンポーネントの名前を付けます。

すべて展開する

エラーを生成

if isempty(javachk('jvm'))
   scalar = java.lang.Double(5);
end
% Check that JVM is available & JavaFigures are supported
error(javachk('jvm'))
error(javachk('awt'))

ユーザー定義のスクリプトでエラーを生成

Java Frame を表示するスクリプト myFile を記述し、フレームが表示できないときにエラーを生成するようにするには、次のようにします。

error(javachk('awt','myFile'));
myFrame = java.awt.Frame;
myFrame.setVisible(1);

スクリプトがフレームを表示できない場合、次のエラーを表示します。

myFile is not supported on this platform.

入力引数

すべて展開する

feature — Java 機能'awt' | 'desktop' | 'jvm' | 'swing'

Java 機能。次の値の 1 つとして指定します。

'awt'

Abstract Window Toolkit (AWT) コンポーネントの Java GUI コンポーネントが利用可能です。

'desktop'

MATLAB 対話型デスクトップが実行中です。

'jvm'

Java 仮想マシン ソフトウェア (JVM™) が実行中です。

'swing'

Swing コンポーネント (Java Foundation Classes の Java lightweight GUI コンポーネント) が利用可能です。

component — 識別子文字列

識別子。文字列として指定し、エラー メッセージで表示します。

データ型: char

出力引数

すべて展開する

MSG — エラー メッセージ構造体

エラー メッセージ。以下のフィールドの構造体として返されます。

使用可能であれば、javachkmessage フィールドと identifier フィールドが空のエラー構造体を返します。

message — メッセージ文字列 | 空

メッセージ。文字列として指定します。

identifier — 識別子文字列 | 空

識別子。文字列として指定します。

参考

|

この情報は役に立ちましたか?