ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

javaaddpath

動的 Java クラス パスへのエントリの追加

構文

  • javaaddpath(dpath)
  • javaaddpath(dpath,'-end')

説明

javaaddpath(dpath) は、1 つまたは複数のフォルダーまたは Java® アーカイブ (JAR) ファイルを現在の動的クラス パスの最初に追加します。独自の Java クラスを開発およびデバッグするときは動的パスを使用します。

javaaddpath(dpath,'-end') は、ファイルまたはフォルダーをパスの最後尾に追加します。

すべて折りたたむ

現在の動的パスを表示します。出力には構成が反映されています。

javaclasspath('-dynamic')
		DYNAMIC JAVA PATH

    <empty>

現在のフォルダーを追加します。

javaaddpath(pwd)

更新された動的パスを表示します。出力には現在のフォルダーが反映されています。

p = javaclasspath
p = 
    'c:\work\Java'
javaaddpath('http://www.example.com','-end')
p = javaclasspath
p = 
    'c:\work\Java'
    'http://www.example.com'

入力引数

すべて折りたたむ

フォルダーまたは JAR ファイル。文字ベクトルまたは文字ベクトルのセル配列として指定し、動的パスに追加します。文字列または文字列のセル配列として指定し、動的パスに追加します。フォルダーをパスへ追加すると、MATLAB® はパスの一部としてそのフォルダーのすべてのファイルを含めます。

データ型: char | cell

制限

  • MATLAB は、MATLAB Compiler SDK™ 製品によって生成された JAR ファイルをサポートしません。

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

  • MATLAB では動的パスを使用できます。動的パスは独自の Java クラスを開発するときに便利です。動的パスはパスの変更において柔軟性を提供しますが、動的パス上の Java クラスは、静的パス上のクラスよりも読み込みに時間がかかる場合があります。また、動的パス上のクラスは静的パス上のクラスと異なる動作をする場合もあります。クラスが期待どおりに動作しない場合は静的パスを使用してください。

    Java クラスを開発してデバッグした後、クラスを静的パスに追加します。

  • このコマンドは動的クラス パス上のファイルによって定義されるすべての Java クラスの定義をクリアします。

  • 起動時に MATLAB が読み込む静的パスにフォルダーを追加するには、javaclasspath.txt ファイルを作成します (「静的パス」を参照)。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?