ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

isreal

配列が実数かどうかを判別

構文

  • tf = isreal(A)

説明

tf = isreal(A) は、A に虚数部がない場合は論理値 1 (true) を返し、その他の場合は論理値 0 (false) を返します。

A に、値 0 の保存されている虚数部がある場合は、isreal(A) は論理値 0 (false) を返します。

すべて折りたたむ

行列の値がすべて実数かどうかを判定

3 行 4 列の行列 A を定義します。

A = [7 3+4i 2 5i;...
     2i 1+3i 12 345;...
     52 108 78 3];

配列が実数かどうかを判定します。

tf = isreal(A)
tf =

     0

A に複素数要素が含まれるため、isreal は偽を返します。

ゼロ値の虚数部をもつ複素数を定義する

関数 complex を使用して、ゼロ値の虚数部をもつスカラー A を作成します。

A = complex(12)
A =

  12.0000 + 0.0000i

A が実数かどうかを判定します。

tf = isreal(A)
tf =

     0

A に虚数部があるため、虚数部の値が 0 であっても、実数ではありません。

A にゼロ値の虚数部をもつ要素があるかどうか判定します。

~any(imag(A))
ans =

     1

A はゼロ値の虚数部をもつ要素を含んでいます。

結果がゼロ値の虚数部となる計算

2 つの複素数スカラー xy を定義します。

x=3+4i;
y=5-4i;

2 つの複素数スカラー xy を加算すると実数になるかどうかを判定します。

A = x+y
A =

     8

MATLAB® がゼロの虚数部を除外します。

isreal(A)
ans =

     1

A は虚数部をもっていないので実数です。

セル配列で実数要素を見つける

セル配列を作成します。

C{1,1} = pi;                 % double
C{2,1} = 'John Doe';         % char array
C{3,1} = 2 + 4i;             % complex double
C{4,1} = ispc;               % logical
C{5,1} = magic(3);           % double array
C{6,1} = complex(5,0)        % complex double
C = 

    [          3.1416]
    'John Doe'        
    [2.0000 + 4.0000i]
    [               1]
    [3x3 double]
    [5.0000 + 0.0000i]

C は 1 行 6 列のセル配列です。

セル配列の要素全体をループ処理して、実数要素と複素数要素を区別します。

for k = 1:6
x(k,1) = isreal(C{k,1});
end

x
x =

     1
     1
     0
     1
     1
     0

C{3,1}C{6,1} 以外はすべて実数配列です。

入力引数

すべて折りたたむ

A — 入力配列スカラー | ベクトル | 行列 | 多次元配列

入力配列。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として指定します。

  • 数値データ型の場合、A に虚数部がなければ、関数 isrealtrue を返し、A に虚数部があれば関数 isrealfalse を返します。

  • logical および char データ型の場合、関数 isreal は常に true を返します。

  • tablecellstructfunction_handleobject データ型の場合は、関数 isreal は常に論理値 false を返します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | char | struct | table | cell | function_handle
複素数のサポート: はい

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

  • 虚数部がすべてゼロであっても、isreal(complex(A)) は常に false を返します。

  • すべてゼロであっても、~isreal(x) は虚数部をもつ配列を検出します。

この情報は役に立ちましたか?