ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

isglobal

入力がグローバル変数かどうかを判別

    メモ:   isglobal は将来のリリースで削除される予定です。詳細は、ヒントを参照してください。

構文

tf = isglobal(A)

説明

tf = isglobal(A) は、A が関数 isglobal の呼び出し元のコンテキストでグローバル変数として宣言されている場合は論理値 1 (true) を返し、その他の場合は論理値 0 (false) を返します。

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

関数 isglobal は、通常、条件付きグローバル変数と組み合わせて使用されます。また、ローカル変数とグローバル宣言された変数のペアを使用することもできます。

以下の代わりに、

if condition
   global x
end

x = some_value

if isglobal(x)
   do_something
end

以下を使用することができます。

global gx
if condition
   gx = some_value
else
   x = some_value
end

if condition
   do_something
end

他の対処法が不可能な場合、次のコマンド

isglobal(variable)

を、以下の式で置き換えます。

~isempty(whos('global','variable'))

参考

| | |

この情報は役に立ちましたか?