ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

isfloat

入力が浮動小数点配列かどうかを判別

構文

tf = isfloat(A)

説明

tf = isfloat(A) は、A が浮動小数点配列の場合は true を返し、それ以外の場合は false を返します。浮動小数点型は singledouble、および singledouble のサブクラスです。

以下の例では、特定の型を渡したときに isfloat が返す値を示しています。

% pi returns a floating-point value
isfloat(pi)
ans =
     1
% Complex numbers are floating-point values
isfloat(3+7i)
ans =
     1
% Single-precision numbers are floating-point values
isfloat(realmax('single'))
ans =
     1
% isfloat returns a logical value
isfloat(isfloat(pi))
ans =
     0

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?