ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

isappdata

アプリケーション定義のデータが存在する場合 True

構文

tf = isappdata(h,name)

説明

tf = isappdata(h,name) は、アプリケーション定義データが存在し、以下の条件が満たされている場合、logical(1) を返します。

  • アプリケーション データに name 値が指定されている。

  • アプリケーション データに UI コンポーネント h が関連付けられている。

それ以外の場合、isappdatalogical(0) を返します。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?