ドキュメンテーション

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

interpstreamspeed

フロー速度 (流れの程度) からストリームライン点を内挿

構文

interpstreamspeed(X,Y,Z,U,V,W,vertices)
interpstreamspeed(U,V,W,vertices)
interpstreamspeed(X,Y,Z,speed,vertices)
interpstreamspeed(speed,vertices)
interpstreamspeed(X,Y,U,V,vertices)
interpstreamspeed(U,V,vertices)
interpstreamspeed(X,Y,speed,vertices)
interpstreamspeed(speed,vertices)
interpstreamspeed(...,sf)
vertsout = interpstreamspeed(...)

説明

interpstreamspeed(X,Y,Z,U,V,W,vertices) は、ベクトル データ UVW の大きさをベースにストリームライン点を内挿します。

UVW の座標を定義する配列 XY、および Z は、単調でなければなりませんが、等間隔でなくても構いません。また XY、および Z は、meshgrid で作成されたかのように、同じ数の要素が含まれていなければなりません。

interpstreamspeed(U,V,W,vertices) は、XY、および Z が以下の式によって決定されると仮定します。

[X Y Z] = meshgrid(1:n,1:m,1:p) 

ここで、[m n p] = size(U) です。

interpstreamspeed(X,Y,Z,speed,vertices) は、ベクトル場の速度に対して、3 次元配列 speed を使用します。

interpstreamspeed(speed,vertices) は、XY、および Z が以下の式によって決定されると仮定します。

[X Y Z] = meshgrid(1:n,1:m,1:p) 

ここで、[m n p]=size(speed) です。

interpstreamspeed(X,Y,U,V,vertices) は、ベクトル データ UV の大きさをベースにストリームライン点を内挿します。

UV の座標を定義する配列 XY は、単調でなければなりませんが、等間隔でなくても構いません。XY は、meshgrid で作成されたかのように、同じ数の要素が含まれていなければなりません。

interpstreamspeed(U,V,vertices) は、XY が以下の式によって決定されることを仮定します。

[X Y] = meshgrid(1:n,1:m) 

ここで、[M N]=size(U) です。

interpstreamspeed(X,Y,speed,vertices) は、ベクトル場の速度に対して、2 次元配列 speed を使用します。

interpstreamspeed(speed,vertices) は、XY が以下の式によって決定されることを仮定します。

[X Y] = meshgrid(1:n,1:m)

ここで、[M,N]= size(speed) です。

interpstreamspeed(...,sf) は、sf を使用してベクトル データの大きさをスケーリングして、内挿点の数を制御します。たとえば、sf が 3 の場合、関数 interpstreamspeed は頂点の 1/3 のみを作成します。

vertsout = interpstreamspeed(...) は、頂点の配列のセル配列を返します。

以下の例は、関数 interpstreamspeed で返される点を使って、ストリームラインを描画します。ドット マークは、各 (頂) 点の位置を示しています。この例は、フロー データの相対速度を可視化することもできます。広い間隔をもつ (頂) 点からなるストリームラインは、速い流れを示しています。また、密な間隔では、ゆっくりした流れを意味しています。

load wind
[sx sy sz] = meshgrid(80,20:1:55,5);
verts = stream3(x,y,z,u,v,w,sx,sy,sz);
iverts = interpstreamspeed(x,y,z,u,v,w,verts,.2);
sl = streamline(iverts);
set(sl,'Marker','.')
axis tight; view(2); daspect([1 1 1])

以下の例は、ストリームラインの (頂) 点の間隔が、ストリームラインに沿った勾配値を示しています。

figure
z = membrane(6,30);
[u v] = gradient(z);
pcolor(z)
hold on
[verts averts] = streamslice(u,v);
iverts = interpstreamspeed(u,v,verts,15);
sl = streamline(iverts);
set(sl,'Marker','.')
shading interp
axis tight 
view(2)
daspect([1,1,1])
hold off

この情報は役に立ちましたか?