ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

interp1q

クイック 1 次元線形内挿

    メモ:   interp1q は推奨されません。代わりに interp1 を使用してください。

構文

yi = interp1q(x,Y,xi)

説明

yi = interp1q(x,Y,xi) は、線形内挿を使用して、列ベクトル xi の点で、1 次元関数 Y の値を返します。ベクトル x は、基礎となる間隔の座標を指定します。出力 yi の長さは、xi の長さと同じです。

等間隔でないデータについて、関数 interp1q は、入力をチェックしていないので、関数 interp1 より高速です。

関数 interp1q が正しく機能するには、

  • x は、単調増加する列ベクトルでなければなりません。

  • Y は、列ベクトルまたは length(x) 行をもつ行列でなければなりません。

  • xi は、列ベクトルでなければなりません。

interp1q は、x の座標外にある xi の任意の値に対する NaN を返します。Y が行列の場合、内挿は Y の各列に対して実行され、yilength(xi)-by-size(Y,2) になります。

すべて折りたたむ

粗い点間隔の正弦波を作成し、横軸方向に細かい点を取り、内挿します。

x = (0:10)';
y = sin(x);
xi = (0:.25:10)';
yi = interp1q(x,y,xi);
plot(x,y,'o',xi,yi)

この情報は役に立ちましたか?