ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ind2rgb

インデックス付きイメージを RGB イメージに変換

構文

RGB = ind2rgb(X,map)

説明

RGB = ind2rgb(X,map) はインデックス付きイメージ X と対応するカラーマップ map をトゥルーカラー イメージ RGB に変換します。インデックス付きイメージ X は m 行 n 列の整数配列です。カラーマップ map は、[0,1] の範囲の値をもつ 3 列の配列です。map の各行は、カラーマップの各色を構成する赤、緑、青の成分を指定する RGB の 3 要素です。

  • Xunit8 または uint16 クラスの配列として指定した場合、値 0 がカラーマップの最初の色に相当します。

  • Xsingle または double クラスの配列として指定した場合、値 1 がカラーマップの最初の色に相当します。

トゥルーカラー イメージ出力 RGB は m x n x 3 の配列です。イメージ タイプについての詳細は、「イメージの種類」を参照してください。

クラス サポート

Xuint8uint16single または double のいずれかのクラスになります。RGBdouble クラスの m x n x 3 の配列です。

参考

|

この情報は役に立ちましたか?