ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

インポート ツール

ファイルからデータをインポート

説明

インポート ツールを使用すると、スプレッドシート ファイル、区切りテキスト ファイルおよび固定幅テキスト ファイルのデータをプレビューしたり、インポートすることができます。インポートするデータを対話的に選択したり、他の類似ファイルをインポートするためにツールが生成するスクリプトや関数を再使用することもできます。

インポート ツール アプリを開く

  • MATLAB® ツールストリップ: [ホーム] タブの [変数] セクションで、[データのインポート] をクリックします。

  • MATLAB コマンド プロンプト: uiimport(filename) を入力します。ここで、filename はテキスト ファイルまたはスプレッドシート ファイルの名前を指定する文字ベクトルです。

すべて展開する

タブ区切りテキスト ファイルからデータの範囲をインポートし、ファイル内の非数値を置き換えます。

カーソルをドラッグしてインポートするセルを選択します。不連続の範囲は、Ctrl キーを押して選択します。

[変数名行] フィールドを変更して、インポート ツールで変数名に使用する行を指定します。

既定では、数値セルのインポートできない値が NaN に置き換えられます。ただし、この値をその他の任意の数値に変更できます。[インポート] タブの [インポートできないセル] セクションで、インポートできない値の処理方法を指定します。

または、インポートできないセルを含む行をインポートから除外します。

[選択のインポート] をクリックします。ワークスペースに新しい列ベクトルが表示されます。

日付と数値をテキスト ファイルからテーブルにインポートします。ファイル内の数値に使用する小数点の区切りと、カスタム日付形式を指定します。

[インポートデータ] セクションで [テーブル] を選択して、ファイルのデータを変数 table にインポートします。この例では、データの 3 番目の列に金額があり、その小数点の区切りはコンマです。[区切り文字] セクションで [区切り文字オプション] を選択します。次に、[小数点の文字] の下の [, (コンマ)] を選択します。

インポート ツールは適切に金額の値を変換します。

列のデータ型を [日付/時刻] に変更して、その列に日付または時刻のデータがあることを指定します。[追加の日付形式 ...] をクリックします。リストを下にスクロールして、カスタム日付形式を入力します。

[選択のインポート] をクリックして table をインポートします。

関連する例

プログラムによる使用

すべて展開する

uiimport は、ダイアログを開いて、対話的にファイルまたはクリップボードからデータを読み込みます。MATLAB は、ファイル内のデータのプレビューを表示します。

uiimport(filename)filename に指定されたファイルを開きます。

uiimport('-file') は、最初にファイル選択ダイアログを提示します。

uiimport('-pastespecial') は、最初にクリップボードの内容を提示します。

S = uiimport(___) は、結果の変数をフィールドとして struct S に格納します。

制限

  • Linux® プラットフォームおよび Mac プラットフォームでは、インポート ツールは関数 writetable で書き込まれたスプレッドシート ファイルを開くことができません。