ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

hgsetget

メソッド set および get により、ハンドル クラスの導出に使用する抽象クラス

構文

classdef myclass < hgsetget

説明

classdef myclass < hgsetgetmyclasshgsetget クラスのサブクラスにします。これは handle クラスのサブクラスです。

クラス hgsetget を使用し、Handle Graphics® の関数 setget のように動作する、メソッド set および get を継承するクラスを導出します。

メソッド

クラス hgsetget からクラスを導出すると、そのクラスは次のメソッドを継承します。

メソッド目的
set指定したプロパティに値を割り当てるか、書き込み可能なプロパティの可能な値のセル配列を返します。
get指定したプロパティの値、またはすべてのプロパティ値をもつ struct を返します。
setdisp出力引数を指定せずに、プロパティ名ではなくハンドル配列を指定して set が呼び出されたときに呼び出されます。set の表示を変更するには、このメソッドをオーバーライドします。
getdisp出力引数を指定せずに、プロパティ名ではなくハンドル配列を指定して get が呼び出されたときに呼び出されます。get の表示を変更するには、このメソッドをオーバーライドします。

この情報は役に立ちましたか?