ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

hgsave

グラフィックス オブジェクト階層のファイルへの保存

構文

hgsave('filename')
hgsave(h,'filename')
hgsave(...,'-v6')
hgsave(...,'-v7.3')

説明

    メモ:   hgsave は推奨されません。代わりに savefig を使用してください。

hgsave('filename') は現在の Figure を filename という名前のファイルに保存します。

hgsave(h,'filename') はハンドル h の配列により識別されるオブジェクトを filename という名前のファイルに保存します。filename の拡張子を指定しない場合、拡張子 .fig が付けられます。h がベクトルの場合、h の中のハンドルでないものは h 内のハンドルの上位または下位のものである可能性があります。

hgsave(...,'-v6') は MATLAB® 7 より前のバージョンで読み込める形式で FIG ファイルを保存します。

hgsave(...,'-v7.3') は MATLAB 7.3 以降のバージョンでのみ読み込める形式で FIG ファイルを保存します。この形式は、HDF5 ファイルをベースにしており、2 GB を超えるサイズの FIG ファイルの保存を目的としています。

設定により、MAT ファイルおよび FIG ファイルの既定の保存形式として -v6 または -v7.3 を選択できます。これにより、保存するたびにフラグを指定する必要がなくなります。『MATLAB デスクトップ ツールと開発環境』ドキュメンテーションの「MAT ファイル設定」を参照してください。

下位互換性

MATLAB 7 より前のバージョンの MATLAB で保存および使用する Figure を作成する場合、プロット関数に 'v6' オプション、関数 hgsave'-v6' オプションを使用します。詳細は、使用するプロット関数のリファレンス ページを参照してください。

MATLAB リリース R2014b 以降では、以前のバージョンの MATLAB で保存した Fig ファイルを開くことはできません。以前のバージョンの MATLAB と互換性のある Figure を保存するには、savefig を使用します。

代替方法

[ファイル]、[エクスポート設定] ダイアログを使用します。[編集]、[Figure のコピー] を使用して、Figure の内容をシステムのクリップボードにコピーします。詳細は、「印刷およびエクスポートの方法」を参照してください。

参考

| | |

この情報は役に立ちましたか?