ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

notify

クラス: handle

イベントが発生しているリスナーに通知

構文

notify(H,EventName)
notify(H,EventName,data)

説明

notify(H,EventName) は、H 内のハンドル オブジェクトで指定した名前のイベントが発生していることをリスナーに通知します。

notify(H,EventName,data) には、ユーザー定義イベント データが含まれます。

入力引数

すべて展開する

イベント ソース。ハンドル配列として指定します。H 内のオブジェクトはすべて、指定された名前をもつイベントを定義しなければなりません。

イベント名。大文字と小文字を区別する、H のクラスで定義されたテキストを引用符付きで指定します。

ユーザー定義イベント データ。event.EventData クラスのサブクラスであるオブジェクトとして指定します。イベント データの定義方法の詳細は、「イベント特有のデータの定義」を参照してください。

    メモ:   リスナーのコールバックは同じイベント データ オブジェクトを以降の notify の呼び出しで再利用することはできません。notify に渡す新しいイベント データ オブジェクトを必ず作成してください。

属性

Accesspublic

メソッドの属性については、『MATLAB® オブジェクト指向プログラミング』ドキュメンテーションの「メソッドの属性」を参照してください。

この情報は役に立ちましたか?