ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

notify (handle)

イベントが発生しているリスナーに通知

構文

notify(Hobj,'EventName')
notify(Hobj,'EventName',evtData)

説明

notify(Hobj,'EventName') は、指定したハンドル オブジェクトで指定したイベントが発生しているリスナーに通知します。

notify(Hobj,'EventName',evtData) には、ユーザー定義イベント データが含まれます。

入力引数

Hobj

指定したイベントをトリガーするハンドル オブジェクトの配列。

EventName

イベントの名前。

evtData

イベントについての情報をカプセル化する event.EventData オブジェクト。notify を使用してイベントをトリガーすると、MATLAB®event.EventData オブジェクトのプロパティに値を代入し、このオブジェクトがリスナーのコールバック関数に渡されます。

リスナーのコールバックは同じイベント データ オブジェクトを以降の notify の呼び出しで再利用することはできません。notify に渡す新しいイベント データ オブジェクトを必ず作成してください。

event.EventData をサブクラス化し、サブクラスのインスタンスを data 引数として渡すことにより、カスタムのイベント データを定義できます。イベント データの定義方法の詳細は、「イベント固有のデータの定義」を参照してください。

参考

「イベントとリスナー - 構文と手法」を参照。

handle, addlistener

この情報は役に立ちましたか?