ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

H5T.get_inpad

浮動小数点データ型の内部パディング タイプ

構文

pad_type = H5T.get_inpad(type_id)

説明

pad_type = H5T.get_inpad(type_id) は、浮動小数点データ型の未使用ビットについての内部パディング タイプを返します。type_id はデータ型識別子です。pad_typeH5T_PAD_ZEROH5T_PAD_ONE または H5T_PAD_BACKGROUND です。

 fid = H5F.open('example.h5');
 dset_id = H5D.open(fid,'/g3/float');
 type_id = H5D.get_type(dset_id);
 pad_type = H5T.get_inpad(type_id);
 switch(pad_type)
     case H5ML.get_constant_value('H5T_PAD_ZERO')
         fprintf('pad zero\n');
     case H5ML.get_constant_value('H5T_PAD_ONE');
         fprintf('pad one\n');
     case H5ML.get_constant_value('H5T_PAD_BACKGROUND')
         fprintf('pad background\n');
 end
この情報は役に立ちましたか?