ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

H5O.link

特定のオブジェクトへのハード リンクの作成

構文

H5O.link(obj_id,new_loc_id,new_link_name,lcpl_id,lapl_id)

説明

H5O.link(obj_id,new_loc_id,new_link_name,lcpl_id,lapl_id) は、new_loc_idnew_link_name が場所を指定する、オブジェクトへのハード リンクを作成します。lcpl_idlapl_id は、新しいリンクに関連付けられるリンク作成プロパティ リストとリンク アクセス プロパティ リストです。

H5O.link は、たとえば、オブジェクトを複数のグループで共有できるようにするために、既存のファイルにさらに構造体を追加するように設計されています。

グループ '/g2' からデータセット '/g1/ds1' へのハード リンクを作成します。

plist_id = 'H5P_DEFAULT';
fid = H5F.create('myfile.h5','H5F_ACC_TRUNC',plist_id,plist_id);
gid1 = H5G.create(fid,'/g1',plist_id);
space_id = H5S.create_simple(1,10,[]);
ds1 = H5D.create(gid1,'ds1','H5T_NATIVE_INT',space_id,plist_id);
gid2 = H5G.create(fid,'/g2',plist_id);
H5O.link(ds1,gid2,'ds2',plist_id,plist_id);
H5D.close(ds1);
H5S.close(space_id);
H5G.close(gid2); H5G.close(gid1);
H5F.close(fid);
この情報は役に立ちましたか?