ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

H5L.create_external

外部オブジェクトへのソフト リンクの作成

構文

H5L.create_external(filename,objname,link_loc_id,link_name,lcpl_id,lapl_id)

説明

H5L.create_external(filename,objname,link_loc_id,link_name,lcpl_id,lapl_id) は、別のファイル内のオブジェクトへのソフト リンクを作成します。filename は、ターゲット オブジェクトを含むターゲット ファイルを特定します。obj_name は、そのファイル内のターゲット オブジェクトへのパスを指定します。obj_name はターゲット ファイルのルート グループから開始しなければなりませんが、ルックアップ時まで解釈されません。

link_loc_idlink_name は、それぞれ、新しいリンクの場所と名前を指定します。link_namelink_loc_id に関連付けて解釈されます。

lcpl_idlapl_id は、新しいリンクに関連付けられるリンク作成プロパティ リストとリンク アクセス プロパティ リストです。

plist_id = 'H5P_DEFAULT';
fid1 = H5F.create('myfile1.h5');
g1 = H5G.create(fid1,'g1',plist_id,plist_id,plist_id);
H5G.close(g1);
H5F.close(fid1);
fid2 = H5F.create('myfile2.h5');
H5L.create_external('myfile1.h5','g1',fid2,'g2',plist_id,plist_id);
この情報は役に立ちましたか?