ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

gzip

ファイルの GNU zip ファイル圧縮

構文

gzip(files)
gzip(files,outputdir)
filenames = gzip(...)

説明

gzip(files)files で指定されるファイルのリストから GNU zip ファイルを作成します。ディレクトリに対して関数 gzip を実行すると、ディレクトリのすべての内容が再帰的に圧縮されます。gzip 圧縮の各出力ファイルは、ファイル拡張子 .gz が付けられ、入力ファイルと同じディレクトリに書き込まれます。

files は、関数 gzip の対象のファイルまたはディレクトリのリストを含む文字列または文字列のセル配列です。MATLAB® パス上の個々のファイルは、部分パス名として指定できます。それ以外の場合の個々のファイルは、現在のディレクトリの相対パス、または絶対パスで指定されます。

フォルダーは、現在のフォルダーを基準に相対的に指定するか、絶対パスで指定しなければなりません。UNIX® システムでは、フォルダーは ~/ または ~username/ で開始することも可能です。これは、それぞれ現在のユーザーのホーム フォルダーまたは指定したユーザーのホーム フォルダーへと拡張します。ワイルドカード文字 * は、ファイルやフォルダーを指定するときに使用できます。ただし、MATLAB パスに基づいてファイル名や部分パス名を解決する場合を除きます。

gzip(files,outputdir) は gzip 圧縮したファイルをディレクトリ outputdir に書き込みます。outputdir が存在しない場合、関数 MATLAB により作成されます。

filenames = gzip(...) はファイルを gzip 圧縮し、すべての gzip 圧縮済みファイルの相対パス名を文字列セル配列 filenames に返します。

現在のディレクトリのすべての .m ファイルおよび .mat ファイルを関数 gzip を使用して圧縮し、その結果をディレクトリ archive に保存するには、次のように入力します。

gzip({'*.m','*.mat'},'archive');

参考

| | | |

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?