ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

gtext

マウス操作で Figure にテキストを追加

構文

  • gtext(str)
  • gtext(str,Name,Value)
  • t = gtext(___)

説明

gtext(str) は、マウスで選択された位置にテキスト str を挿入します。Figure ウィンドウ上に移動したポインターは十字線に変化し、gtext は位置が選択されるまで待機します。ポインターを目的の位置に移動し、Figure をクリックするか、任意のキー (Enter キーを除く) を押します。

gtext(str,Name,Value) は、1 つ以上の名前と値のペアの引数を使用して、テキスト プロパティを指定します。たとえば、'FontSize',14 は 14 ポイントのフォントを指定します。

t = gtext(___) は、gtext で作成された text オブジェクトの配列を返します。text オブジェクトの作成後にそのプロパティを変更するには、t を使用します。プロパティと説明の一覧は、Text のプロパティ を参照してください。前述の構文に示した任意の引数を使用して、出力引数を返すことができます。

すべて折りたたむ

簡単なライン プロットを作成し、gtext を使用してマウス操作で Figure にテキストを追加します。

plot(1:10)
gtext('My Plot')

Figure をクリックして、選択した位置にテキストを配置します。

簡単なライン プロットを作成し、マウス操作で Figure にテキストを追加します。赤の 14 ポイントのフォントを使用します。

plot(1:10)
gtext('My Plot','Color','red','FontSize',14)

Figure 内のテキストを表示する位置をクリックします。

簡単なライン プロットを作成し、マウス操作で Figure にテキストを追加します。作成した text オブジェクト t を返します。

plot(1:10)
t = gtext('My Plot')

Figure をクリックしてテキストを配置し、text オブジェクトを作成します。

t = 

  Text (My Plot) with properties:

                 String: 'My Plot'
               FontSize: 10
             FontWeight: 'normal'
               FontName: 'Helvetica'
                  Color: [0 0 0]
    HorizontalAlignment: 'left'
               Position: [4.3906 5.3950 0]
                  Units: 'data'

  Show all properties

t を使用してテキストのプロパティを設定することにより、テキストのフォント サイズと色を変更します。R2014b から、プロパティの設定にドット表記を使用できるようになりました。それより前のリリースを使用している場合は、代わりに関数 set を使用してください。

t.Color = 'red';
t.FontSize = 14;

関連する例

入力引数

すべて折りたたむ

表示するテキスト。次のいずれかの形式で指定します。

  • 文字列 — 1 回のクリックでテキストを表示します。例を示します。

    gtext('my text')

  • 文字列のセル配列 — クリックするたびに配列の 1 行を表示します。たとえば、次のコードは 1 回目のクリックで first、2 回目のクリックで second を表示します。

    gtext({'first';'second'})

    複数行のテキストを表示するには、行ごとに複数の文字列を指定します。

    gtext({'first','new line';'second','new line'})

  • 複数行の文字配列 — クリックするたびに配列の 1 行を表示します。各行には、同数の文字が含まれなければなりません。例を示します。

    gtext(['one';'two'])

上付き文字、下付き文字、ギリシャ文字、数学記号などの特殊文字を含めるには、TeX マークアップを使用します。サポートされるマークアップの一覧については、Interpreter プロパティを参照してください。

名前/値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は単一引用符 (' ') で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: text(.5,.5,'my text','FontSize',14,'Color','red')

ここでは、プロパティの一部だけを紹介しています。完全なリストは、Text のプロパティ を参照してください。

    メモ:   テキストの作成時にテキストの Position プロパティを名前と値のペアとして指定することはできません。gtext は指定された値を無視します。

すべて折りたたむ

フォント サイズ。ポイント単位のゼロより大きいスカラー値として指定します。1 ポイントは 1/72 インチです。フォントの単位を変更するには、FontUnits プロパティを使用します。

例: 12

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

テキスト文字の太さ。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'normal' — 各フォントで定義されている既定の太さ

  • 'bold' — 標準よりも太い文字

MATLAB® ではフォントは、FontWeight プロパティを使用して、ユーザーのシステムで使用可能なフォントから選択します。すべてのフォントに太字フォントがあるとは限りません。そのため、太字フォントを指定しても標準フォントの太さと変わらない場合があります。

    メモ:   フォントの太さの値 'light' および 'demi' は削除されました。代わりに 'normal' を使用してください。

フォント名。使用するフォントの名前または 'FixedWidth' として指定します。適切に表示および印刷するには、フォント名はユーザーのシステムがサポートするフォントでなければなりません。

どのロケールでもテキストが整って見える固定幅のフォントを使用するには、'FixedWidth' を使用します。値 'FixedWidth' はルートの FixedWidthFontName プロパティに依存します。ルートの FixedWidthFontName プロパティを設定すると、表示内容が新規フォントを使用して直ちに更新されます。

例: 'Cambria'

テキストの色。RGB 3 成分、色の名前の文字ベクトルまたは 'none' として指定します。既定の色は、RGB 3 成分の値 [0 0 0] で指定する黒です。色を 'none' に設定した場合、テキストは透明になります。

RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。次の表に、色の完全名および省略名のオプションと、等価の RGB 3 成分の値を示します。

完全名省略名RGB 3 成分
'yellow''y'[1 1 0]
'magenta''m'[1 0 1]
'cyan''c'[0 1 1]
'red''r'[1 0 0]
'green''g'[0 1 0]
'blue''b'[0 0 1]
'white''w'[1 1 1]
'black''k'[0 0 0]

例: 'blue'

例: [0 0 1]

Position プロパティの x 値を基準にしたテキストの水平方向の整列。次の表のいずれかの値を指定します。垂直線は、テキストに対する x 値の位置を示します。

結果
'left' (既定)

'center'

'right'

テキスト文字の解釈。次の値の 1 つとして指定します。

  • 'tex' — TeX マークアップのサブセットを使用して文字を解釈します。

  • 'latex' — LaTeX マークアップを使用して文字を解釈します。

  • 'none' — リテラル文字を表示します。

TeX マークアップ

MATLAB では、既定で TeX マークアップのサブセットをサポートしています。TeX マークアップを使用して、上付き文字や下付き文字の追加、フォントのタイプや色の変更、テキストへの特殊文字の挿入を行うことができます。

次の表に、Interpreter プロパティが 'tex' に設定されている場合にサポートされる修飾子を示します。修飾子の効果はテキストの末尾まで適用されます。上付き文字と下付き文字は例外であり、次の 1 文字または中かっこで囲まれた文字にのみ適用されます。

修飾子説明
^{ }上付き文字'text^{superscript}'
_{ }下付き文字'text_{subscript}'
\bf太字フォント'\bf text'
\itイタリック フォント'\it text'
\sl斜体フォント (通常はイタリック フォントと同じ)'\sl text'
\rm標準フォント'\rm text'
\fontname{specifier}フォント名 — specifier でフォント ファミリの名前を指定します。これは他の修飾子と組み合わせて使用できます。'\fontname{Courier} text'
\fontsize{specifier}フォント サイズ — specifier でポイント単位のスカラー数値を指定してフォント サイズを変更します。'\fontsize{15} text'
\color{specifier}フォントの色 — specifer で色を指定します。redgreenyellowmagentablueblackwhitegraydarkGreenorangelightBlue を指定できます。'\color{magenta} text'
\color[rgb]{specifier}独自のフォントの色 — specifier で RGB 3 成分を指定します。'\color[rgb]{0,0.5,0.5} text'

次の表に、Interpreter プロパティが 'tex' に設定されている場合にサポートされる特殊文字を示します。

文字列記号文字列記号文字列記号

\alpha

α

\upsilon

υ

\sim

~

\angle

\phi

Φ

\leq

\ast

*

\chi

χ

\infty

\beta

β

\psi

ψ

\clubsuit

\gamma

γ

\omega

ω

\diamondsuit

\delta

δ

\Gamma

Γ

\heartsuit

\epsilon

ɛ

\Delta

Δ

\spadesuit

\zeta

ζ

\Theta

Θ

\leftrightarrow

\eta

η

\Lambda

Λ

\leftarrow

\theta

Θ

\Xi

Ξ

\Leftarrow

\vartheta

ϑ

\Pi

Π

\uparrow

\iota

ι

\Sigma

Σ

\rightarrow

\kappa

κ

\Upsilon

ϒ

\Rightarrow

\lambda

λ

\Phi

Φ

\downarrow

\mu

µ

\Psi

Ψ

\circ

º

\nu

ν

\Omega

Ω

\pm

±

\xi

ξ

\forall

\geq

\pi

π

\exists

\propto

\rho

ρ

\ni

\partial

\sigma

σ

\cong

\bullet

\varsigma

ς

\approx

\div

÷

\tau

τ

\Re

\neq

\equiv

\oplus

\aleph

\Im

\cup

\wp

\otimes

\subseteq

\oslash

\cap

\in

\supseteq

\supset

\lceil

\subset

\int

\cdot

·

\o

ο

\rfloor

\neg

¬

\nabla

\lfloor

\times

x

\ldots

...

\perp

\surd

\prime

´

\wedge

\varpi

ϖ

\0

\rceil

\rangle

\mid

|

\vee

\langle

\copyright

©

LaTeX マークアップ

LaTeX マークアップを使用するには、Interpreter プロパティを 'latex' に設定します。テキストをドル記号で囲みます。たとえば、インライン モードでは '$\int_1^{20} x^2 dx$'、表示モードでは '$$\int_1^{20} x^2 dx$$' を使用します。

テキストは LaTeX の既定のフォント スタイルで表示され、FontNameFontWeightFontAngle のプロパティは無視されます。フォント スタイルを変更するには、LaTeX マークアップを使用します。

LaTeX インタープリターで使用できるテキストの最大サイズは 1200 文字です。複数行のテキストの場合は、さらに 1 行につき 10 文字ほど文字数が少なくなります。

LaTeX システムについての詳細は、LaTeX プロジェクトの Web サイト (http://www.latex-project.org/) を参照してください。

詳細

すべて折りたたむ

アルゴリズム

gtext は関数 ginput および text を使用します。

参考

関数

プロパティ

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?