ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

GetVariable

オートメーション サーバーのワークスペース内の変数からのデータ

概要

IDL メソッド シグネチャ

HRESULT GetVariable([in] BSTR varname, [in] BSTR workspace, 
[out, retval] VARIANT* pdata)

Microsoft Visual Basic クライアント

GetVariable(varname As String, workspace As String) As Object

MATLAB クライアント

D = GetVariable(h,'varname','workspace')

説明

D = GetVariable(h,'varname','workspace') はハンドル h に接続したサーバーの指定 workspace から変数 varname に格納されたデータを取得し、出力引数 D に返します。workspace の値は base または global です。

スパース配列、構造体、または関数ハンドルで関数 GetVariable使用しないでください

使用しているスクリプト言語で結果を明示的に返す必要がある場合は、関数 GetWorkspaceData、関数 GetFullMatrix または関数 GetCharArray の代わりに関数 GetVariable を使用します。

この例では、Visual Basic® .NET クライアントを使用して、MATLAB® オートメーション サーバーからデータを読み込みます。

Dim Matlab As Object
Dim Result As String
Dim C2 As Variant
Matlab = CreateObject("matlab.application")
Result = Matlab.Execute("C1 = {25.72, 'hello', rand(4)};")
C2 = Matlab.GetVariable("C1", "base")
MsgBox("Second item in cell array: " & C2(0, 1))

この情報は役に立ちましたか?