ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

get

グラフィックス オブジェクトのプロパティのクエリ

構文

v = get(h)
v = get(h,propertyName)
v = get(h,propertyArray)
v = get(h,'default')
v = get(h,defaultTypeProperty)
v = get(groot,'factory')
v = get(groot,factoryTypeProperty)

説明

v = get(h) は、h で指定されたグラフィックス オブジェクトのプロパティおよびプロパティ値をすべて返します。v は構造体であり、そのフィールド名がプロパティ名、その値が対応するプロパティ値です。h は、単一のオブジェクトあるいは mn 列のオブジェクト配列です。h が単一のオブジェクトであり、出力引数を指定しない場合、MATLAB® はその情報を画面上に表示します。

v = get(h,propertyName) は、propertyName で指定したプロパティの値を返します。プロパティ名は単一引用符で囲みます (例: get(h,'Color'))。出力引数を指定しない場合、MATLAB は画面上に情報を表示します。

v = get(h,propertyArray) は、mn 列のセル配列を返します。ここで mlength(h) に等しく、npropertyArray 内のプロパティ名の数に等しくなります。

v = get(h,'default') は、h オブジェクトに現在定義されているすべての既定値を構造体配列で返します。フィールド名はオブジェクトのプロパティ名であり、フィールド値はそれに対応するプロパティ値です。出力引数を設定しなければ、MATLAB は、画面上に情報を表示します。

v = get(h,defaultTypeProperty) は、指定したプロパティの現在の既定値を返します。引数 defaultTypeProperty は、default という単語にオブジェクト タイプ (Figure など) とプロパティ名 (Color など) を連結し、単一引用符で囲んだものです。たとえば、get(groot,'defaultFigureColor') のようになります。

v = get(groot,'factory') は、すべてのユーザー設定可能なプロパティの出荷時設定値を構造体配列で返します。フィールド名はオブジェクトのプロパティ名であり、フィールド値はそれに対応するプロパティ値です。出力引数を設定しなければ、MATLAB は、画面上に情報を表示します。

v = get(groot,factoryTypeProperty) は、指定したプロパティの出荷時設定値を返します。引数 factoryTypeProperty は、factory という単語にオブジェクト タイプ (Figure など) とプロパティ名 (Color など) を連結し、単一引用符で囲んだものです。たとえば、get(groot,'factoryFigureColor') のようになります。

特定オブジェクトのすべてのプロパティ値をリスト

ライン プロットを作成して、chart line オブジェクト p を返します。ラインのプロパティおよび現在のプロパティ値をすべてリストします。

p = plot(1:10);
get(p)
    AlignVertexCenters: 'off'
            Annotation: [1x1 matlab.graphics.eventdata.Annotation]
          BeingDeleted: 'off'
            BusyAction: 'queue'
         ButtonDownFcn: ''
              Children: []
              Clipping: 'on'
                 Color: [0.9290 0.6940 0.1250]
             CreateFcn: ''
             DeleteFcn: ''
           DisplayName: ''
      HandleVisibility: 'on'
               HitTest: 'on'
         Interruptible: 'on'
             LineStyle: '-'
             LineWidth: 0.5000
                Marker: 'none'
       MarkerEdgeColor: 'auto'
       MarkerFaceColor: 'none'
            MarkerSize: 6
                Parent: [1x1 Axes]
         PickableParts: 'visible'
              Selected: 'off'
    SelectionHighlight: 'on'
                   Tag: ''
                  Type: 'line'
         UIContextMenu: []
              UserData: []
               Visible: 'on'
                 XData: [1 2 3 4 5 6 7 8 9 10]
             XDataMode: 'auto'
           XDataSource: ''
                 YData: [1 2 3 4 5 6 7 8 9 10]
           YDataSource: ''
                 ZData: [1x0 double]
           ZDataSource: ''

特定オブジェクトの特定プロパティのクエリ

ライン プロットを作成して、chart line オブジェクト p を返します。get を使用して、LineWidth プロパティの現在の値を返します。

p = plot(1:10);
get(p,'LineWidth')
ans =

    0.5000

特定オブジェクトの一連のプロパティのクエリ

円形マーカーをもつライン プロットを作成して、chart line オブジェクト p を返します。get を使用して、オブジェクトの LineWidthMarker および MarkerSize の各プロパティの現在の値を返します。

p = plot(1:10,'ro-');
props = {'LineWidth','Marker','MarkerSize'};
get(p,props)
ans = 

    [0.5000]    'o'    [6]

ルートのプロパティの既定値のクエリ

すべての Line グラフィックス オブジェクトのルートに定義されている LineWidth プロパティの既定値を返します。

get(groot,'DefaultLineLineWidth')
ans =

    0.5000

参考

| | | |

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?