ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

gco

現在のオブジェクトのハンドル

構文

h = gco
h = gco(figure_handle)

説明

h = gco は現在のオブジェクトのハンドルを返します。

h = gco(figure_handle)figure_handle で指定される Figure 内の現在のオブジェクトのハンドルを返します。

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

現在のオブジェクトは、最後にクリックまたはキーボード操作によって選択された、uimenu 以外のオブジェクトです。Figure の子オブジェクト上でマウス クリックが行われなかった場合は Figure が現在のオブジェクトになります。MATLAB® ソフトウェアは現在のオブジェクトのハンドルを Figure の CurrentObject プロパティに保存します。

ダイアログ内の uicontrol にフォーカスがあるときに (一般的には Tab キーでフォーカスを変更した結果)、スペース バーを押してダイアログのコールバックを呼び出した結果として、オブジェクトが現在のオブジェクトになることがあります。

CurrentFigureCurrentObject はコールバックが実行されているオブジェクトを常に示しているわけではありません。他のコールバックによるコールバックの割り込みで、CurrentObject だけでなく CurrentFigure さえも変更される可能性があります。CreateFcn および DeleteFcn などのコールバックや、uimenu の Callback は、CurrentFigureCurrentObject を意図的に更新しません。

関数 gcbo は、コールバックのタイプや以前の割り込みのタイプにかかわらず、関数 callback 内の任意のポイントにおいて、コールバックが実行中のオブジェクトのハンドルを取得するための絶対的に信頼性のある方法のみを提供します。

参考

| |

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?