ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

mget

クラス: FTP

FTP サーバーからのファイルのダウンロード

構文

mget(ftpobj,contents)
mget(ftpobj,contents,target)

説明

mget(ftpobj,contents) は、FTP サーバーの contents に指定されているファイルまたはフォルダーを MATLAB® の現在のフォルダーに読み込みます。

mget(ftpobj,contents,target) は、絶対パスまたは相対パスも含めて target に指定されているローカル フォルダーにファイルまたはフォルダーを読み込みます。

入力引数

ftpobj

ftp によって作成される FTP オブジェクト。

contents

ファイル名またはフォルダー名を指定する単一引用符で囲まれた文字ベクトル。ワイルドカード文字列 (*) を含めることができます。

target

ダウンロードしたコンテンツを格納するローカル フォルダーの絶対パスまたは相対パスを指定する、単一引用符で囲まれた文字ベクトル。

National Geophysical Data Center (NGDC) の FTP サーバーに接続し、ファイル README.txt を現在の MATLAB フォルダーに取得します。

ngdc = ftp('ftp.ngdc.noaa.gov');
mget(ngdc,'README.txt');
close(ngdc);

FTP サービスは NGDC により提供されています。NGDC の利用規約は、「NGDC Privacy Policy, Disclaimer, and Copyright」を参照してください。

参考

| |

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?