ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

fplot

指定された定義域でのプロット関数

構文

fplot(fun,limits)
fplot(fun,limits,LineSpec)
fplot(fun,limits,tol)
fplot(fun,limits,tol,LineSpec)
fplot(fun,limits,n)
fplot(fun,lims,...)
fplot(axes_handle,...)
[X,Y] = fplot(fun,limits,...)

説明

fplot は、指定された定義域で関数をプロットします。関数は、y = f(x) の形式でなければなりません。ここで、x は定義域を指定するベクトル、y は、x と同じサイズのベクトルで、x の各点での関数値を含んでいます (最初の例を参照)。与えられた x に対して関数が複数の値を返す場合、yf(x) の各成分を列にもつ行列になります (2 番目の例を参照)。

fplot(fun,limits) は、limits で指定される定義域で fun をプロットします。limits は、x 軸の範囲を指定するベクトル ([xmin xmax]) または x 軸と y 軸の範囲を指定するベクトル ([xmin xmax ymin ymax]) です。

fun は、以下のいずれかでなければなりません。

  • 関数の名前

  • 'sin(x)''diric(x,10)'、または '[sin(x),cos(x)]' など、eval に渡される変数 x をもつ文字列

  • 関数ハンドル

関数 f(x) は、ベクトル x の各要素に対して行ベクトルを返さなければなりません。たとえば、f(x) が [f1(x),f2(x),f3(x)] を返す場合、関数は入力 [x1;x2] に対して行列を返す必要があります。

f1(x1) f2(x1) f3(x1)
f1(x2) f2(x2) f3(x2)

fplot(fun,limits,LineSpec) は、ライン仕様 LineSpec を使用して fun をプロットします。

fplot(fun,limits,tol) は、相対許容誤差 tol (既定の設定は 2e-3、すなわち 0.2% の精度) を使用して関数 fun をプロットします。

fplot(fun,limits,tol,LineSpec) は、相対許容誤差 tol と、ライン タイプ、マーカー記号、カラーを決定するライン仕様を使って、関数 fun をプロットします。詳細は、LineSpec を参照してください。

fplot(fun,limits,n) は、n+1 点の最小値を使って関数をプロットします。ただし、n >= 1 です。既定の設定の n1 です。最大ステップ サイズは、(1/n)*(xmax-xmin) に制約されます。

fplot(fun,lims,...) には、オプションの引数 tolnLineSpec の組み合わせを任意の順序で使用できます。

fplot(axes_handle,...) は、現在の Axes (関数 gca) の代わりにハンドル axes_handle をもつ Axes にプロットします。

[X,Y] = fplot(fun,limits,...) は、関数 fun の横軸と縦軸を XY に返します。画面上にはプロットは表示されません。ただし、plot(X,Y) を使用すれば、関数をプロットできます。

MATLAB® 関数ハンドル

MATLAB® 関数 tanh を使用して、双曲線正接関数を -2 から 2 までプロットします。

fh = @tanh;
fplot(fh,[-2,2])

無名関数から作成された関数ハンドル

無名関数から関数ハンドルを作成します。関数を 0.01 から 0.1 までプロットします。

sn = @(x) sin(1./x);
fplot(sn,[0.01,0.1])

カスタム関数ファイルから作成された関数ハンドル

以下のコードを含む myfun.m という名前のファイルを作成します。

function Y = myfun(x)
Y(:,1) = 200*sin(x(:))./x(:);
Y(:,2) = x(:).^2;

次に、myfun をポイントする関数ハンドルを作成します。

fh = @myfun;

関数を -20 から 20 までプロットします。

fplot(fh,[-20 20])

詳細

すべて展開する

ヒント

関数 fplot は、適応ステップ コントロールを使用して代表的なグラフを作成し、関数の変化率が最も大きい部分の計算を集中的に行います。

参考

| | | |

この情報は役に立ちましたか?