ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

flipdim

指定した次元に沿った配列の反転

flipdim は将来のリリースで削除される予定です。代わりに flip を使用してください。

構文

B = flipdim(A,dim)

説明

B = flipdim(A,dim) は、次元 dim について反転させた A を返します。

dim の値が 1 の場合、配列は行方向に上下が反転されます。dim の値が 2 の場合、配列は列方向に左右が反転されます。関数 flipdim(A,1)flipud(A) と同じ、関数 flipdim(A,2) は関数 fliplr(A) と同じになります。

flipdim(A,1) で、

A =

     1     4
     2     5
     3     6

は、以下の結果を出力します。

     3     6
     2     5
     1     4

参考

| | | |

この情報は役に立ちましたか?