ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

flip

構文

  • B = flip(A)
  • B = flip(A,dim)

説明

B = flip(A) は、A と同じサイズの配列 B を返しますが、要素の順序は逆です。B で並べ替えられる次元は、A の形状によって異なります。

  • A がベクトルの場合、flip(A) は、ベクトルの長さに沿って要素の順序を逆にします。

  • A が行列の場合、flip(A) は、各列の要素を反転させます。

  • A が N 次元配列の場合、flip(A) は、サイズの値が 1 でない A の最初の次元に対して演算を行います。

B = flip(A,dim) は、dim の次元に沿って A の要素の順序を逆にします。たとえば、A が行列の場合、flip(A,1) は各列の要素を反転させ、flip(A,2) は各行の要素を反転させます。

すべて折りたたむ

A = 'no word, no bond, row on.';
B = flip(A)
B =

.no wor ,dnob on ,drow on

A = [1;2;3];
B = flip(A)
B =

     3
     2
     1

対角行列 A を作成します。

A = diag([100 200 300])
A =

   100     0     0
     0   200     0
     0     0   300

dim 引数を指定せずに A を反転させます。

B = flip(A)
B =

     0     0   300
     0   200     0
   100     0     0

次に、2 番目の次元に沿って A を反転させます。

B = flip(A,2)
B =

     0     0   100
     0   200     0
   300     0     0

1 x 3 x 2 の配列を作成します。

A = zeros(1,3,2);
A(:,:,1) = [1 2 3];
A(:,:,2) = [4 5 6];
A
A(:,:,1) =

     1     2     3


A(:,:,2) =

     4     5     6

dim 引数を指定せずに A を反転させます。

B = flip(A)
B(:,:,1) =

     3     2     1


B(:,:,2) =

     6     5     4

次に、3 番目の次元に沿って A を反転させます。

B = flip(A,3)
B(:,:,1) =

     4     5     6


B(:,:,2) =

     1     2     3

3 行 2 列のセル配列を作成します。

A = {'foo',1000; 999,true; 'aaa','bbb'}
A = 

    'foo'    [1000]
    [999]    [   1]
    'aaa'    'bbb' 

dim 引数を指定せずに A を反転させます。

B = flip(A)
B = 

    'aaa'    'bbb' 
    [999]    [   1]
    'foo'    [1000]

次に、2 番目の次元に沿って A を反転させます。

B = flip(A,2)
B = 

    [1000]    'foo'
    [   1]    [999]
    'bbb'     'aaa'

入力引数

すべて折りたたむ

入力配列。ベクトル、行列、配列、セル配列またはテーブルとして指定します。

例: [1 2 3 4]

例: ['abcde']

例: [1 2; 3 4]

例: {'abcde',[1 2 3]}

例: table(rand(1,5),rand(1,5))

動作する対象の次元。正の整数のスカラーとして指定します。値を指定しない場合、既定値は、サイズが 1 ではない最初の配列の次元です。

次の図は、A が行列の場合の dim=1dim=2 の違いを示します。

R2013b で導入

この情報は役に立ちましたか?