ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

finish

MATLAB プログラムの終了ファイル

説明

MATLAB® プログラムの終了時には、MATLAB が使用する 「 検索パス上または現在のディレクトリ内に finish.m と呼ばれるスクリプトが存在する場合、そのスクリプトが実行されます。」このファイルは、MATLAB が終了直前に実行する最終タスクを指定するために、ユーザー自身で作成します。たとえば、MATLAB が終了する前に、ユーザーのワークスペースのデータを MAT ファイルに保存するような作業を設定できます。

finish.m は、次の操作のいずれかを実行すると常に呼び出されます。

  • Microsoft® Windows® プラットフォーム上で MATLAB デスクトップのクローズ ボックス をクリックするか、UNIX® プラットフォーム上で同様に操作します。

  • コマンド ウィンドウ プロンプトで「quit」または「exit」と入力します。

2 つのサンプル終了ファイルが MATLAB の matlabroot/toolbox/local ディレクトリに用意されています。

  • finishsav.m — MATLAB が終了するとき、ワークスペースを MAT ファイルに保存します。

  • finishdlg.m — 終了のキャンセルやワークスペースの保存の選択が可能なダイアログを表示します。「確認ダイアログ設定」および MATLAB 終了のオプションも参照してください。

終了ファイルを作成するには、これらのサンプル ファイルのいずれかのコピーを作成し、名前を finish.m に変更して、そのファイルを使用するパスに追加します。ファイルを変更して、終了ファイルを実行する操作を含めることができます。

詳細

すべて展開する

ヒント

finish.m で、Handle Graphics® 機能を使用する場合、関数 uiwait、関数 waitfor、関数 drawnow のいずれかを使用して、Figure を可視にします。詳細は、これらの関数のリファレンス ページを参照してください。

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?