ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

find

非ゼロ要素のインデックスと値を見つける

構文

  • I = find(X)
  • I = find(X,k)
  • I = find(X,k,direction)
  • [row,col] = find(___)
  • [row,col,v] = find(___)

説明

I = find(X) は配列 X 内の非ゼロの各要素の線形インデックスを含むベクトルを返します。

I = find(X,k) は配列 X 内の非セロ要素に対応する最初の k 個のインデックスを返します。

I = find(X,k,direction) は探索方向を 'first' または 'last' として指定します。たとえば、find(X,k,'last')X 内の最後の k 個の非ゼロ要素を検出します。

[row,col] = find(___) は前述の構文のいずれかを使用し、配列 X 内の非ゼロの各要素の行と列の添字を返します。

[row,col,v] = find(___) はさらに X の非ゼロ要素を含むベクトル v を返します。

すべて折りたたむ

行列内のゼロと非ゼロの要素

3 行 3 列の行列内の非ゼロの要素を検出します。

X = [1 0 2; 0 1 1; 0 0 4]
X =

     1     0     2
     0     1     1
     0     0     4
I = find(X)
I =

     1
     5
     7
     8
     9

X に対して論理演算子 not を使用して、ゼロの位置を特定します。

I2 = find(~X)
I2 =

     2
     3
     4
     6

条件を満たす要素の検出

4 行 4 列の魔方陣行列内で、10 よりも小さい最初の 5 つの要素を検出します。

X = magic(4)
X =

    16     2     3    13
     5    11    10     8
     9     7     6    12
     4    14    15     1
I = find(X<10,5)
I =

     2
     3
     4
     5
     7

この要素の値を、I で参照することによって表示します。

X(I)
ans =

     5
     9
     4
     2
     7

特定の値に等しい要素

特定の整数値を検出するために、== 演算子を使用できます。例として、1 行 10 列の奇数の整数ベクトル内で 13 に等しい要素を検出します。

X = 1:2:20
X =

     1     3     5     7     9    11    13    15    17    19
I = find(X==13)
I =

     7

非整数値を検出するには、許容誤差の値 (eps など) を使用します。そうしない場合、浮動小数点の丸め誤差が原因で結果が空の行列になる場合があります。

Y = 0:0.1:1
Y =

         0    0.1000    0.2000    0.3000    0.4000    0.5000    0.6000    0.7000    0.8000    0.9000    1.0000
I = find(Y==0.3)
I =

   Empty matrix: 1-by-0
I = find(abs(Y-0.3) < eps)
I =

     4

最後の複数の非ゼロ要素の検出

奇数インデックスの要素がすべてゼロに等しい 6 行 6 列の魔方陣行列を作成します。

X = magic(6);
X(1:2:end) = 0
X =

     0     0     0     0     0     0
     3    32     7    21    23    25
     0     0     0     0     0     0
     8    28    33    17    10    15
     0     0     0     0     0     0
     4    36    29    13    18    11

"最後の" 4 個の非ゼロ要素の位置を特定します。

I = find(X,4,'last')
I =

    30
    32
    34
    36

複数の条件を満たす要素の検出

4 行 4 列の行列内で、0 よりも大きく 10 よりも小さい最初の 3 つの要素を検出します。要素の行と列の添字を返すために 2 つの出力を指定します。

X = [18 3 1 11; 8 10 11 3; 9 14 6 1; 4 3 15 21]
X =

    18     3     1    11
     8    10    11     3
     9    14     6     1
     4     3    15    21
[row,col] = find(X>0 & X<10,3)
row =

     2
     3
     4


col =

     1
     1
     1

最初のインスタンスは X(2,1) で、値は 8 です。

非ゼロ要素の添字と値

3 行 3 列の行列内の非ゼロの要素を検出します。行の添字、列の添字、要素の値を返す 3 つの出力を指定します。

X = [3 2 0; -5 0 7; 0 0 1]
X =

     3     2     0
    -5     0     7
     0     0     1
[row,col,v] = find(X)
row =

     1
     2
     1
     2
     3


col =

     1
     1
     2
     3
     3


v =

     3
    -5
     2
     7
     1

関連する例

入力引数

すべて折りたたむ

X — 入力配列スカラー | ベクトル | 行列 | 多次元配列

入力配列。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として指定します。X が空の配列であるかまたは非ゼロ要素が含まれていない場合、I は空の配列になります。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | char
複素数のサポート: はい

k — 検出する非ゼロの数正の整数スカラー

検出する非ゼロの数。正の整数スカラーとして指定します。既定では、find(X,k)X 内の最初の k 個の非ゼロ要素を検出します。

direction — 探索方向'first' (既定値) | 'last'

探索方向。文字列 'first' または 'last' で指定します。X 内の "最後の" k 個の非ゼロ要素を検出するには find(X,k,'last') を使用します。

データ型: char

出力引数

すべて折りたたむ

I — 非ゼロ要素の線形インデックスベクトル

非ゼロ要素の線形インデックス。ベクトルとして返されます。X が行ベクトルの場合、I も行ベクトルになります。それ以外の場合は I は列ベクトルになります。X が空の配列であるかまたは非ゼロ要素が含まれていない場合、 I は空の配列になります。

X(I) を使用して X 内の非ゼロの値を返すことができます。

row — 行の添字ベクトル

行の添字。ベクトルとして返されます。rowcol を共に用いることで、X 内の非ゼロ要素に対応する添字 X(row,col) を指定します。

col — 列の添字ベクトル

列の添字。ベクトルとして返されます。rowcol を共に用いることで、X 内の非ゼロ要素に対応する添字 X(row,col) を指定します。

vX の非ゼロの要素ベクトル

X の非ゼロの要素。ベクトルとして返されます。

詳細

すべて折りたたむ

線形インデックス

線形インデックスは、A(k) のように、配列のインデックス付けに単一の添字を使用できるようにします。MATLAB は配列を、各列が前の列の最後に追加された単一の列ベクトルとして扱います。このため、線形インデックスは、列内の要素に対して上から下、左から右に番号を付けます。

たとえば 3 行 3 列の行列について考えます。A(2,2) の要素は A(5) で参照でき、A(2,3) の要素は A(8) で参照できます。線形インデックスは配列のサイズに依存して変化します。A(5) は、3 行 3 列の行列と 4 行 4 列の行列では異なる位置の要素を返します。

関数 sub2ind と関数 ind2sub が、添字と線形インデックスの間の変換に役立ちます。

ヒント

  • 条件を満たす配列の要素を検出するには、関係式と一緒に find を使用します。たとえば、find(X<5) は、5 よりも小さい X の要素の線形インデックスを返します。

  • 条件 X<5 を満たす X 内の要素を直接検出するには、X(X<5) を使用します。X(find(X<5)) のような関数呼び出しは避けます。これは論理行列に対して不必要な find を使用します。

  • X>1 のような関係演算と共に find を実行するときは、関係演算の結果は 1 と 0 の論理行列であることを思い出すことが重要です。たとえばコマンド [row,col,v] = find(X>1) は、論理値 1 (true) の列ベクトルを v に返します。

  • 行と列の添字 row および col は、線形インデックス I と次の関係があります。I = sub2ind(size(X),row,col)

この情報は役に立ちましたか?